スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらば

4月30









超眠たそうな目をこすりながら、尚吾が駅まで見送りに来てくれた





尚吾とは東京生活1年ちょい、ワンルームに一緒に住んでいた
オーストラリアに行ってからも同じ部屋に住み、
旅に出てからもずっと一緒だった


そんな尚吾と次いつ会えるか分からん別れを控えた僕は
めずらしく別れ際にそれを実感していた



自分では納得しとるやろうけど
尚吾だって旅続けたいやろうにな・・・
みたいな思いが駆け巡り感傷的になっていたと思う



「尚吾、ガンバレよ」



そういう場面に弱い僕はカッコいい台詞を言うこともできず
ありきたりの一行を言うことしかできなかった


なにをどう頑張るんやよ!?
お前(俺自身)がもっと頑張れよって感じだね。





乗客でパンパンになった電車に乗り込み、走り出してからも
尚吾は手を振ってくれていた



そんな感じで尚吾と別れた


まぁ一生の別れじゃねーし、次に会うのもきっとあっという間やよな!?













バンコクに向かうこの電車は、電車を降りる階段のとこまで
乗客が溢れている状態で、とてもとても座れそうになかった

15キロのバックパックは下ろせたものの、5キロ以上あるデイパックを背負ったまま、
バンコクまで2時間「立ち」とかマジで無理!!って思いながら
次々に襲ってくる吐き気と暑さ気持ち悪さと闘っていたけど、
運良く席が空いていたので座ることができた


前日2時間くらいしか寝てなかった僕は
バンコクに着き、隣のおばちゃんに肩をつつかれるまで激しく眠った






フアランポーン駅に着くと、りんちゃんが僕らを待ってくれていて、
マイカーで僕らを空港まで送ってってくれると思っとったんやけど、

フアランポーン駅に着いてもりんちゃんの姿はなく
仕方なくナケナシのお金でりんちゃんに電話をかけた

そしたら地下鉄となんやらを乗り継いでどこそこのデパートまで来てほしい、とのこと。



前日の飲みでタイバーツのほとんど消費していた僕は
空港まで行くお金が無く、りんちゃんを頼りにしていたので
地下鉄とかを使ってどこそこの高級デパートまで行った

足りんかった5バーツは藍が補ってくれた







「10時半にデパートで」

と言ったりんちゃんは11時になっても待ち合わせの場所に来てくれず、
焦った






フライトの時間は14時20分。

12時20分には着いておきたいところ。



りんちゃんはマイカーで空港まで送ってくれると言ってくれたので
無事空港までたどり着けるかどうかの心配はなくなったけど、ここからどれくらい時間がかかるかは分からない。



それに加えて僕らは第3国への出国チケットを持っていなかったので
タイを無事に出国できるかどうかっていう心配もあった









僕らは今回タイからネパールに行くんやけど、旅行代理店から

「ネパールから別の国へ出国するためのチケットを購入しておいてください。
 タイ出国の際のチェックインカウンターで必要になります」

と言われていた



でも僕らはそれ(第3国への出国チケット)を購入してなかった

だってネパールの次はインドに行く予定で
インドに行くには飛行機よりもバスで行った方がはるかに安いから。


そんで旅行代理店からは購入しておいてください、と何度も念を押されたけど
実は無くても行けるんじゃないかとふんでおり、購入してなかった




でももしチェックインカウンターで本当にそれが必要ということになれば
僕らはタイを出国することはできない



同じようなことが過去にもあった

香港出国の時は大丈夫だったし
オーストラリア出国の時は大丈夫じゃなかった



だからこれは僕らにとっては大きな賭けであり、
大きな心配事だった




りんちゃんがなかなか来てくれないのとマッチして
僕らの焦り、不安は大きくなっていった






そんな中りんちゃんが
よく似合った白のアセロラに乗って花々しく現れてくれたので
僕の気分は芳香剤のCMのように明るく、爽やかになった



「ごめん、混んでて遅くなっちゃった」

流暢な日本語で僕らに謝り、僕らを拾ってくれた


顔に似合わず走り屋なりんちゃんは混雑した道を抜け出してからは
びゅんびゅんと飛ばし、ちゃんと時間までに僕らを空港に送り届けてくれた


0430a.jpg

0430b.jpg









かなりドキドキな感じで挑んだチェックインカウンターは
フライトの2時間前をきっても一向に開かず、随分と待たせてくれた

でも実際チェックインすると
顔色が悪く、愛想もないスタッフからは「第3国への出国チケット」のだの字も出てこず、
難なくパスすることができた


僕らのあの心配はなんだったんだろうってくらい、いともかんたんな感じだった








「一緒に食事しよう」

と言って下のカフェで待ってくれていたりんちゃんのところに
急いでいき、一緒に空港価格の高いランチを食べた


りんちゃんはアユタヤのThe seven seasで1回一緒に飲んだだけやのに
空港まで送ってくれて、そんでランチまで御馳走してくれて
とってもいい人やなって思った








0430c.jpg

(日本人っぽいかわいい顔をしていて、胸も大きくて、でも細くて、足長くて
 前に通訳の仕事してたから日本語もペラペラで、金持ちで、フェロモンむんむんの
 エロい格好をしている魅力的なりんちゃん)











りんちゃんが帰り、僕らはすぐに荷物検査と出国審査を済ませ、飛行機を待った
すぐに飛行機に乗れるかと思っていたけど、予定時刻が遅れに遅れ結局3時間待って
飛行機に乗った

0430d.jpg

0430e.jpg



5時45分頃にようやく離陸。




離陸するとすぐにフライトアテンダントがエプロンをして
なんかバタバタしていた





機内食??


まさかの機内食??




僕らはいつも格安の航空会社を利用しているので
機内食なんてものは食べてない(僕は北京→バンコクの時に食べたけど)から
久しぶりの機内食の予感にテンションが上がった(おまけに腹も減っていた)





食事の前に飲み物は?って聞かれたのでビールを頼んでやった

出てきたのはタイガービール。
これが美味いのなんの

0430h.jpg

0430g.jpg


機内食を食べ終えたあとも高かった(ネパール行きの)航空券の元とってやろまいーと言って
ここぞと言わんばかりにビールを注文しまくってやった(いや、でもすぐに酔っ払っちゃったかな笑)







気持ちよく酔っ払った僕は
そのまま気持ちよーく夢の世界に入っていった







目を覚ましたら次はネパール
東南アジアとはまた違ったアジアの旅が始まる



0430i.jpg


スポンサーサイト

季節外れの忘年会

4月29日





26日に飲んだとき、いろんな話をしたけど
1番したかったのは尚吾の彼女の話と尚吾の進路の話だった


事前にメールでやりとりしてて多少は知ってたけど
詳しい話は会ってから。っていう感じだったので、
僕はこの話題が楽しみで仕方なかった



でも自分からは聞きにくく、
尚吾から話してくれるのを待ったけど
なかなかこのトピックにならなかった



けっこう時間が経っていい感じに酔いもまわってきたくらいに
このトピックになったけど、
知り合いの多いアユタヤなので誰かが途中で僕らの隣に座ってきたり
逆に呼ばれたりとかあってなかなか本腰入れて話せなかった


さすがにマスターが隣に座ってきたのに
日本語で僕らだけでマジトークするわけにはいかないからね。





で、途中途切れたりはしたけど僕らは
尚吾の話を聞いた




愛する彼女との時間を共有するため旅を中断してオーストラリアに
行くっていう話しを。









僕はこの話を聞いたとき、

なにそれ。超旅じゃん!!って思った












普段はけっこう低レベルな会話とかしてる僕らだけど
たまにはマジメな話もする

前に旅について話し合ったことがある












旅とは、



自分の欲求に素直であること









あれが見たい


あれがしたい



あれが欲しい



あれが食べたい



あれが飲みたい



あそこに行きたい



あの人に会いたい・・・











社会のしがらみに囚われるのではなく
自由に生きること




自分の欲求に素直であること

それが旅なんじゃないかって。







世界一周のルートを大幅に変えて、
世界一周を中断して


好きな人に会いにいく。



それって最高にカッコいい旅やん!










「今を生きる」尚吾の決断を僕はカッコいいと思うし、応援したいと思った










という訳で次に尚吾に会うのは
9月か、来年の3月かハタマタ日本でかっていうことになり
僕らは桜が散ったばかりのこの時期に随分と早い忘年会をした



SDIM4254.jpg










自分の旅に向かって歩き出した尚吾

カッコいいとは思うけど指をくわえて見てるわけにはいかない



僕は僕で、僕の最高にかっこイイ旅に向かっていかなきゃな










カヤック

4月27日




なんでそうなったのかはよく分からん。
でも昨日の夜、藍がキャプテンハリーと話をしていたら「カヤックに連れてってあげる」
ってことになったらしい


キャプテンハリーっていうのは
僕らがアユタヤで通い詰めてるThe Seven Seasのオーナー(マスターと半分出資)であり
いつもお店に来ているマスターのお姉さんの旦那さんであり
でっかい船を持っているオランダ人船長。






朝準備をしてThe Seven Seasに行った
C・ハリーに会うと彼はボートとカヤックどっちがいいか聞いてきたけど
ボートツアーは前に連れてってもらったことがあったので僕らはカヤックを選んだ



カヤックなんてもちろんやったことないし
自分でオール漕ぐのとかおもしろそうやんね



カヤックを選んだ僕らは早速C・ハリーとTanrin Guest houseに保管されている
カヤックを川まで運んだ(Tanrin Guest houseは川沿いに建っているのでとっても近い)


0427b.jpg

カヤックは2人乗り用でピンクいのと緑ぃのと2艘あった
僕はC・ハリーとタッグを組んだら会話に困ることになりそうで嫌やなーって(英語やから)
思ってたんやけど、うまい具合にハリーと藍、僕と尚吾っていう組み合わせになってよかった




カヤックは乗ってみると思った以上にちっちゃくて
体と密着してて、川にも近くて、めっちゃ波とかしぶきとかかかってきて
一瞬でデジカメを持ってきたことを後悔した

カヤックのことをちょっと想像すれば分かりそうなもんやけど
なんにも考えんずにデジカメを持ってきた僕はバカたれで、ちゃんと部屋に置いてきた
尚吾は賢いと思った



ぴゃっと足を伸ばして
オールを持って
いざ出発



漕ぎ方なんて知らんし習ったこともないけど
とりあえず「っぽく」漕いでみた




0427c.jpg



そうしたらおもしろいくらいに




全然進まんかった










ほんと。

びっくりするくらいに。






藍たちはどうかと見てみると

超スイスイ進んでる



オール漕ぐタイミングもバッチリ合ってる





で、真似してやってみる

僕らだって友達歴12年らしいぴったりと息の合った漕ぎ方をした






でも僕らのカヤックはちーっとも真っ直ぐ進まない



右に左にかんたんに進路を変えてしまう








僕らだってバカじゃない




右に曲がっていきそうになったら右側を力強く漕ぐし
左に曲がっていきそうなら左側を強く漕ぐ


そうやって僕らなりに軌道修正を加えるんだがウンとスンともうまくいかない



右に曲がっていきそうになるので右側を強く漕ぐ
そうすると今度は左に曲がってしまい、ヘタするとそのまま一回転してしまう



0427f.jpg

0427g.jpg





藍たちはというと
はるか先で余裕そうに僕らのことを待っている



5分、10分と待ってもらい、
やっとの思いで追いつくんだけど、

一斉スタートしてもすぐに置いてかれてしまう

0427d.jpg








川岸では子ども達が水浴びしながらこっちを見ている


ハローと声をかけて素通りしようとするんだけど
なぜかカヤックは岸の方に向かう



川は運搬用の大きい船が通ったりもするし、スピードボートも通ったりするんだけど
そういうのが近くにくると僕らのカヤックは勝手にそれに近づいてってしまう

0427e.jpg



1回通り過ぎる船が近くて、波が来て転覆しそうになってびっくりした




なんなんだ僕たちのカヤックは。





僕はそんなに勘は悪い方じゃないと思ってる(自分では)

どんなんでもちょっとやったらある程度慣れて
そこそこはできるようになると思う

でもこのカヤックは2時間乗ったけどちっとも慣れんかった

最後の最後まで思うようにコントロールできんかった


っていうか2人で2時間考えて工夫してやったけど
コントロールできんかったってのは実はカヤックに問題があったんじゃないかと今思う






あまりに言う事聞かんくて途中から半分投げやりだった

上半身の筋肉をフルに使うし、
腕は疲れるし、
オールを握る手は痛いし、


けっこうきつい2時間だった






まぁカヤックなんてなかなかできん貴重な体験をさせてもらったし
ほんとは有料のカヤック2時間ツアーを無料でやらせてもらったし
すげーよかったんやけど、



もっかい乗りたい?って聞かれたら
もう乗りたくない








友達とかカップルとかでアユタヤに行ってもカヤックはあんまりオススメしない

真っ直ぐ進めんくて彼氏が惨めな思いをしてしまう可能性があるし
イライラが募ってケンカに発展する恐れがある



でもどうしても乗りたいって人は僕は緑のカヤックをオススメする



2ヶ月ぶりの再会

4月26日






2月26日、尚吾は英語の勉強のため僕らの元からからフィリピンへ飛び立った


そんで丁度2ヶ月後の今日、僕らはアユタヤで再会する









堅い握手か肩でも組むかして


「やっとかめやないか!元気か、コノヤロー!!」


っていうけっこう感動的な再会をしようと思っていたけど、



当日の朝までにわたるきつい移動と睡眠不足により疲労しきっていた僕らは
Tanrin Guest houseの気持ちいいベッドの上で激しい睡眠に陥っていた




バンコクからやってきた尚吾のドアのノック音でギリギリ目を覚まし、ドアを開けた


「お、おぅ」


眠たすぎてそう言うのがやっと。

狙っていた感動的な再会どころではなかった








2ヶ月ぶりの尚吾は髪がすごく伸びていた
髪を後ろで結び、タンクトップに半パンスタイルの尚吾は
2ヶ月旅をしていたハズの僕よりもずっと旅人っぽく見えた



バンコクではデモが激しくなっていて、日本の旅行会社はタイ行きを中止するくらいの激しさになっていると
聞いていたので尚吾のバンコク入り、バンコク滞在を心配していたけど、全然大丈夫やったらしくて安心した









シャワーを浴びたりして準備を終えた僕らの足は当然のように
語りの場に向かっていた











そんで2ヶ月ぶりの乾杯。


0426bb.jpg

0426b.jpg

0426c.jpg





友と共に知へ。










いいね









いいよ









やっぱりいい

3人の顔を会わせての乾杯と僕らのコール。






「今日飲む酒が1番旨い」


どっかののんべえの台詞らしいけど
確かにそうだと思った



ビールがとっても旨かった


0426d.jpg







僕らはまだまだ日射しの強い午後の4時から日付が変わるくらいまで
お互いの知らない2ヶ月間の空白を埋めるかのように語りに語ってやった



そしたらそれぞれの次の道が見えてきた




アユタヤへ12時間の旅

4月25日








0425.jpg

4月24日にパーイからチェンマイに戻ってきた僕達は
前もお世話になったMarlboro Guest Houseに1泊し、すぐさまアユタヤに向かった

行きで随分ときつい思いをしていたので
ハッキリ言って乗りたくなかったけど、バスに乗れるような余裕もなく
かなりの覚悟をして電車に臨んだ


でも電車に乗る前の宿から駅までの移動がすでに
きつかった

35℃はあろうかという炎天下の中、15キロくらいの荷物を抱えて
30分以上歩いた僕達は汗でびしょびしょになっていた

0425a.jpg

0425b.jpg

0425bb.jpg

0425bbb.jpg





2時50分。
丁度出発の予定時刻に電車が駅に来た


すぐ出発やん!


急いで乗り込んだけど、全然すぐ出発しんくて
出発したのは予定時刻の1時間後だった


0425c.jpg

0425d.jpg

0425e.jpg

0425f.jpg





きつくて長ーい気の遠くなるような13時間の電車の旅が始まった

ただ隣に誰も座ってこなかったのは幸いだった
隣に誰かが座ってるのとそうでないのとでは全然きつさが違うからね



13時間の長い移動。
いくら窓の外の風景がきれいやからって13時間も見てらんない

きつい移動は寝て過ごすのが1番!

そう思って寝ようとしたけど
全然寝れんかったので本を読んで過ごした


僕と藍は向かい合って座ってて
それぞれ2人用の席を1人で使っていた

別に僕らだけがえらそうにそう使ってる訳じゃなくて
まわりもけっこうそんな感じで使ってた

2人用の席を1人で使うと
色々と体勢を変えれたり、足を伸ばせたりして
楽なんやけど
7時だか8時だかに1人の男性が僕の隣に座ってきた


僕は

他にも空いとるとこあるやん、なんで俺の隣なんやよ!

と、思いながらもそんな僕の気持ちは微塵も感じさせんくらいの笑顔で
その人を迎え入れた

僕は読書を再開したけど
すぐにハイチュウのようなソフトキャンディを取り出して
自分で1つ食べ、隣の男性にもあげた


男性はすでにガムを噛んでいたので
いらないと言ったけど
相手が物を受け取ろうと受けとらまいと
こっちが相手に物をあげようとする行為により

お互いの緊張感みたいなのは取れるし
心を開いてくれるっていうのは言いすぎかもしれんけど
かんたんに警戒心を解いてくれるので
僕はアメやガムを常備して隣の人にあげるようにしている

別に世界中のすべての人と仲良くなりたいわけじゃないけど
(なれるならなりたいけど)
誰もがきつい長距離移動の中、ガムやアメ1個で
少しでも緊張感が緩和されるんなら安いもんだと思う


まーそんなことしんくても
外国人のほとんどの人は親切やから大丈夫なんやけどね









長距離の移動で寝れないのはきつい
読書にも飽きた僕は寝モード用の音楽を聴いて
必死に寝ようと勤めたけどなかなか寝れなかった


車内に冷房はついてなくて当然のように窓が開いている


そこから風がビュービューと入ってきて、顔にぶち当たるんやけど、
それには排ガスが混じってんのか埃やらなんやらが混じってんのかわからんけど、
それにずっと当たってると顔は真っ黒になるし、髪はガサガサになるし
汗かいた肌はベトベトになるし、で最悪に気持ち悪かった



IPODにスリープタイマーをかけて寝ようとしたり、
3秒で飽きる真っ暗な景色を何度も見たり、
妄想にふけってみたりしてたら
12時か1時くらいにようやく力尽き、寝ることができた








5時くらいに目を覚ました
僕が必死に寝ようとしていた時コクリコクリと眠っていた藍はすでに
目を覚ましていた


電車はどこかの駅に停車した
ここはまだアユタヤではない。
アユタヤの駅は見慣れているので、ここがアユタヤじゃないことは分かった

僕達の向かうアユタヤは終点ではないからちゃんと気を付けて見てないといけんなって思った



電車が動き始めた頃、藍が言った


「ここアユタヤかも!?」



ええぇ!??








電車が動き出した頃、記憶に残っているアユタヤの駅の風景が
見えてきた




僕達は北側の車輌に座っていたために
アユタヤをアユタヤと認識できず、降り過ごしてしまった









次の駅で降りてすぐ引き返せばいいっしょ!?




けっこう気楽な感じで考えてたんやけど
僕らの乗った電車は特急






1駅過ぎても2駅過ぎても停まらなかった







30分走り続け、4つか5つの駅を飛ばし、
ようやく停車した




藍は前日のお昼からほとんど何も口にしておらず、空腹と
暑さと、寝不足で随分で疲れており、色々と文句を言っていた



着いた町はランシット。






2人ともかなり疲れてて特に交わす言葉もなかった








東京だったら折り返しの電車なんてすぐ来るんやろうなー

中津やっても折り返しの電車くらいすぐに来そうなもんやけど、、、




45分待ち、ようやくアユタヤ方面行きの電車がやってきた



が、僕らの持っているのはチェンマイ-アユタヤ間のチケット

やってきたのはノンカイっていう違う方面行きの電車






乗ろうとした時に駅員にチケットを見せろと言われ
見せると、これはチェンマイ行きの電車じゃないと言われる

チェンマイとノンカイに別れるのはアユタヤを過ぎてからなので
なんの問題もない



僕らはアユタヤで降りたかったんだけど
間違えてここまで来てしまったんだ

だからアユタヤまで戻りたいんだ


駅員にそう必死に訴えるが駅員には通じない



そうこうやりとりしているうちに電車は行ってしまった





あぁ、僕らのアユタヤ行き、、、







45分待った電車を逃してしまったことにより
疲労がぷよぷよの透明なやつみたいに一気に積み重なってきて
あと2列くらいでゲームオーバーってとこまできていた



それに付け加え、敵意ムンムンで姿を現した太陽が
サンサンと背中を焼き焦がし、残り少ない体力をじりじりと奪っていった




藍は意識朦朧となってクラクラしている




こりゃもうだめか、、、







疲労困憊のまま次の電車を待ち続けること1時間15分






やっとこさ次のアユタヤ行きの電車が来た





僕らは必死でその電車に飛び乗った


駅員になんと言われても、しがみついてでも、
電車の上に乗ってでもこの電車は逃さない!





ランシットって駅に着いてから2時間後にようやくアユタヤ行きの
折り返し電車に乗ることができた





折り返しの電車には乗ったものの
2人とも疲れきっていてジョーダンを言うチカラも残ってなかった



折り返しの電車に乗ったことに安心して寝てしまわないか心配だった




もし今度寝過ごすようなことがあったら
僕らはほんとに力尽きてしまうだろう



今度は降り過ごさないように最後まで注意してた







アユタヤが近づくにつれ
少しずつテンションが上がってきた


マラソン大会の時のゴールが待ち遠しい感じだった




あとちょっと、あとちょっと












30分走り、ようやく僕らのゴール・アユタヤに到着した



僕らがチェンマイで電車に乗ってから17時間半後のことだった






main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。