スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コパンで初挑戦

20111213







チキムラからミニバスで国境のエルフロリドへ向かう。








201112114.jpg

チキンバスじゃなかったけど、おばちゃん鶏持ち込んでた。









201112114a.jpg

無事イミグレを通過して、48ヶ国目のホンジュラスに入国。

201112114b.jpg









そっからまたミニバスに乗ってようやくお目当ての町に到着。








コパン・ルイナス


グアテマラのキリグア遺跡と並んで貴重なマヤの石碑が多く残る
世界遺産コパン遺跡への拠点となる町。











じゅんぺらーるは旅人っぽく遺跡を求めて、












遺跡にはあんま興味のない僕は、馬を求めてやってきた訳です。









え?






馬??






なんで馬??










って思う人もいるかもしれませんが
実は僕元々馬が好きでずーっと馬に乗ってみたかったんです。






でも別に日本の乗馬クラブに行くほどの情熱はなく、
当然時間もお金もなく乗れず、







モンゴルの大草原を馬に乗って駆け抜けたらどんなに爽快な気分だろうと、
意気揚々で訪ねたモンゴルのホームステイ先では



「危ないから」



と一切馬には乗らせてもらえず、








メキシコのサンクリでも安く乗馬できるって聞いたけど、
時間の都合でできず、






って感じだった訳ですが、

そんな中、歩き方の「コパンで乗馬ができる」という情報を見つけ
今度こそ馬に乗れるぞ!と、やってきた訳です。
















宿に荷物を下ろし、早々に旅行会社に駆け込んだら
イキナシその日の乗馬OKということだったのですぐさま申し込んだ。

じゅんぺらーるは別に馬好きでもなんでもないようだったけど
無理矢理付き合わせた。







旅行会社で30分程待ってたら関係者の人が迎えに来てくれて
馬のいるところまで連れてってくれた。




僕はてっきり車でどこかの牧場まで連れてってくれるんかと思っとったけど、

坂を降りてすぐのとこに、
旅行会社から歩いて10分くらいのとこの普通の道に馬は繋がれてた。

201112114c.jpg







ノーザンテーストのようなキレイな毛並みの馬が出てくるもんだと
勝手に思い込んでた(そういうのしかイメージできない)ので


パッと見の残念さは少なからずあった。












そしてドキドキの乗馬初体験☆





乗馬する前に多少説明とか注意とかあるんかなって思ったけど、

僕らを連れてきた人は僕らを案内人に引き渡すとどっかいっちゃったし、
案内人は英語しゃべれんし。



もう説明なんていらないってことなんだね。






案内人にただ、

「乗れ」


ってジェスチャーされてそのまま乗った。









鞍はちゃんとしてるし、
景色は一段高くなるし、

なかなかいい感じ。

201112114ee.jpg

201112114d.jpg





一応手綱はあるんやけど、どう操作するんかは分からんかったんやけど、
案内人が口笛を吹いたら馬は歩き始めた。


201112114eeee.jpg








手綱いらーん。

そりゃあ説明も何もないわ。















馬は歩き始めたんやけどそれにしても振動がけっこうすごい。
意図しんくても勝手に体が上下に揺れる、というかハネる。


馬の歩速に対してリズミカルにテンポよくポンポンハネる。




なんとかかんとか位っていうのはここから来たんやな、と
なるほどなーって1人で納得した。













馬はちゃんと餌を与えてもらって知らんけど、歩いてる最中に
左右に首を伸ばしてはその辺の草をムシャムシャ食ってた。

201112114e.jpg


その度に落ちそうになってちょっと怖かった。



はじめのうちはほんとに案内人が口笛吹くか木の枝で叩くかして操作してもらってたんだけど、

そのうちに軽く走らせれるようになったり、
思い通りに曲がれるようにもなってきておもしろかった。










川沿いを馬に乗りながらのんびりと歩く。乙ですね。

201112114eee.jpg










川沿いの静かな田舎道は途中で別れ、僕らは山道を登り初めた。

201112114f.jpg




少し行くと少数民族の村に着いた。

201112114g.jpg








村の子供たち。

201112114h.jpg

201112114i.jpg

とってもかわいかったけど、



「(お土産)買って、買ってー」攻撃がすごかった。





ここは日本人が作ったとか援助した建物らしいんだけど、
案内人英語全くダメなので詳しいことは分からず。

201112114j.jpg




室内には機織り機があって民芸品のお土産もあった。

201112114k.jpg

201112114l.jpg






村でゆっくりしたあと、また同じコースを行って
元の場所に帰った。





往復で3~4時間だったけど、とっても満足。
なかなかいい乗馬初体験でした。


3時間馬に乗って、少数民族の村も訪問できて20ドルならまずまずではないか。










それにしても馬っていいなー。

201112114m.jpg

どっかで機会があったらまた乗りたい。






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。