スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏の粉雪

20120104










「この辺で1番大きいカーニバルがあるがパストであるらしいよ」


という情報をベジータさんから聞き、タツさんとベジータさんと3人でパストにやってきた。




ブラジルのリオやサルバドールのカーニバルが有名なのは知ってるけど、
パストなんて聞いたこともない街だし、


ベジータさんの言うこの辺がどのくらいの規模を指してるのか分からなかったけど、
エクアドルへ行く途中にある街だったので支障はなかった。


メデジンからは18時間もかかったけど、バスが意外に快適で平気だった。











1月3日

街の人に聞きながらパレードが行われるとこまで行くと
すごい数の見物客が集まっていた。

20120104-1.jpg


小さそうなこの街のどこにこんな人がおるんやろうってくらいのすごい人。
多分まわりの町とか村からも来てんだろうね。










初日は子どものパレードの日みたいで
ひたすらずーっと子どもの仮装行列が歩いていった。


20120104a.jpg


この子ども達がかわいいのなんの。


20120104-2.jpg








けど、実際園児や小学生の学芸会みたいな感じ(お遊戯?)で
正直5分くらいで飽きてしまった。

2時間くらいずっと立ち見してるのはなかなか辛かった。





20120104b.jpg

やっぱこの辺で1番大きいカーニバルだからかかTV曲来てた。










1月4日

2日目は学生や大人のパレード。




20120104e.jpg

20120104d.jpg

20120104c.jpg

20120104l.jpg

20120104k.jpg

20120104j.jpg

20120104i.jpg

20120104g.jpg

20120104f.jpg

20120104r.jpg

20120104q.jpg

20120104p.jpg

20120104o.jpg

20120104n.jpg

20120104m.jpg

20120104w.jpg

20120104v.jpg

20120104u.jpg

20120104t.jpg

20120104s.jpg


昨日の子どもたちのよりも迫力も見応えもあって
2時間くらい飽きずにずっと見てられた。










3日目はこんな感じで迫力のある山車とかのパレードらしかったんだけど、


20120104x.jpg

20120104y.jpg

20120104z.jpg




なぜか2日目と3日目の間に一日休息日があって僕は見ることができなかった。











期間中、街の至るところで白い粉やスプレー缶が売られてたんやけど
カーニバル中はそれで攻撃してもいいらしく、みんな超買ってた。




攻撃の対象は地元の人だろうが外国人だろうが、大人だろうが子どもだろうが
男だろうが女だろうが関係ないらしく、街を歩くといろんなとこから攻撃された。



20120104zb.jpg



し、みんな攻撃されてた。

20120104za.jpg

20120104.jpg



どういった成り行きで白い粉攻撃の行事が始まったのか
新年の挨拶代わりなのか、攻撃されると実は有難いのか


よく分からんけど、とにかくそこらじゅうで攻撃されて
外に出かけて宿に戻ってくる頃には真っ白になってた。

20120104zg.jpg

20120104zf.jpg





中には白い粉をといて絵の具みたいな液状にして塗ってくる子もいて
ちょっと街歩いただけで顔に塗りたくられた。

20120104zh.jpg






パレードの列の人もお構いなしに攻撃されてた。

20120104zk.jpg


警察すらも関係ないらしく、日頃のうっぷんなのか分からんけど、
交通整理してる警官とか前が見えんくなるほどに攻撃されてた。

20120104zi.jpg

20120104zz.jpg











タイのソンクラーンの時もそうだったけど、
こうゆう悪ふざけのお祭り嫌いじゃない。

大人でもハメ外してはっちゃけれるしね。




っていうか大人しくパレードみてるより、
大人気なく子ども攻撃して遊ぶ方が僕は好きだ。

20120104ze.jpg









今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
あといつも応援クリックしてくれてありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

INポイント入れてくれるともっと嬉しいです。
スポンサーサイト

コロンビアで年越し

20120101










宿は別だったけど無事スペイン語学校時代の友達のタツさんと合流し
一緒に年越しすることになった。






今旅3回目の年越しだ。


コロンビアの年越しってどんなんだろうね。









1回目の年越しはベトナムのサパっていう小さい村で。

地元の人は普通の日と変わらないくらい静かだったので尚吾と藍と3人で
部屋飲みしながら静かな年越し。



2回目はワーホリ中のバンクーバーのジャパレスで。
山積みのお皿に囲まれて半泣きしながら必死に皿洗いながらの年越し。








って感じで海外にいるのに今まであんまりワーっていう年越ししてこなかった。


でも南米のコロンビアだからラテンのノリでけっこうワーって感じな年越しをするんじゃないかって
勝手に想像して楽しみにしてた。









ら、タツさんが地元の女の子と知り合って




で、一緒に年越ししようってなって




お、タツさんナイスと思って








大晦日、彼女らの仕事が終わる16時に待ち合わせ場所に行ったんやけど


1回家に帰ってからねってことで19時待ち合わせになって




19時に待ち合わせ場所に行ったんやけど、19時になっても落ち合えず、


電話してみるんやけど、僕らのスペイン語ではうまく噛み合わず、



駅で身なりがよくて教養があって英語話せそうな人探して、声かけて
通訳してもらうように頼んで


なんとか駅のどこどこにいるって伝えてもらったんだけど、



うまく伝わったのか伝わってないのか






じゃあ22時にあなた達の宿に行くから

みたいな言葉が返ってきて仕方なく宿に戻った。








僕が電話してた訳じゃないので相手がどういう反応してるんか分からんかったけど、

約束の22時になっても彼女らは来ず、




出かける気力も失い、


宿で1人PCと向き合う寂しい大晦日。











でも11時だったか11時半だったかに宿の人に誘われて共有スペースに行ってみたら



宿の人の身内とか友達とかが超いっぱい来ててすげーハイテンションで踊ってた。

20120101.jpg





で、どんなカウントダウンするんかなって思いながら見てたら
僕も入れてもらってみんなで輪になった。

20120101a.jpg


そしたらみんなで手を取り合って一斉にバンザイを始めたから




あれ?

知らんうちに年越しちゃったんかな?って思ったら




そのあとに流れたラジオの放送に合わせてみんなで手をつないでカウントダウンした。






そのあとはその場にいた全員でハグし合って

おめでとう、おめでとうって新年を祝った。


で、そのあとはみんなでダンス。










想像してたラテン系の超ハイテンションなノリじゃなくて

どっちかって言うとホームパーティ的な雰囲気の年越しだったけど、


これもまたここでしか経験できない年越しだね。


20120101d.jpg

20120101b.jpg

20120101c.jpg













元旦はその年の抱負なり目標なりをじっくり考える日にして
ゆっくりお正月を過ごして


2日の夜行とか3日のバスで移動したかったんやけど、




やっぱ年始だからか超混んでてバス満席で4日か5日しか空いてなくて


そんなにゆっくりすることもできんくて




でも聞いてみたら今日(元旦)ならまだ(席)空いてるって言われて


元旦から移動かー


ってちょっと落ち込んだけど、




でものんびりしてると1月の新月までにウユニに行けんくなっちゃうので
仕方なく移動することにした。







そんな訳でじっくりと新年の目標を立てることもできず、
元旦から移動することになった。






今年もまたバタバタと忙しい1年になるのか、

そう思ってしまう2012年の幕開けだった。










―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





2012年も8ヶ月過ぎようとしている中で
僕のブログはようやく2012年に突入しました。


前々から遅れてたけど、

まさか8ヶ月前のことを書くとは思わなかったなー。




正直全然覚えてないし。
書こうとしてたことも忘れちゃってるし。



でも今日も最後までお付き合いしてくれてありがとうございます。





さて、今年もブログ頑張って書くぞー。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

メデジンへ

20111229







6日の贅沢な航海も終わり僕らはカプルガナっていう小さな港町に到着。





僕はこの辺に着くと思っとったんやけど、

到着



着いたのはこの辺だった。

出発





それでも53ヶ国目のコロンビアに入国。

IMG_8951.jpg

IMG_8953.jpg









僕としては早くメデジンに行きたかったので
イミグレで入国スタンプをもらったあとすぐにでも移動したかったんやけど、


内陸の方に向かう船は早朝の便だけらしくここに1泊しなければいけななかった。










ここはアフリカか!?と思ってしまうほど町は黒人ばっかだった。
小さな町で何もやることがなく昼間からみんなで飲んで過ごした。














翌日の早朝、2人のカナディアンと共にスピードボートでトゥルボに向かった。

IMG_8962.jpg

IMG_8963.jpg

ジェットコースターの乗り始めの上まで行く時みたいに斜めに傾いたまま
ボートは走り始めた。

IMG_8964.jpg



デカいモーターが2個ついていてさすがスピードボートと
呼ばれるだけのことはあるくらいのスピードが出ていた。





マトリフ師匠がポップたちが乗った小舟を魔力で飛ばした時みたいに
水面よりも上を進んでんじゃねーかってくらい、

海の上を走ってるとは思えないほど、振動や揺れもなく滑らかに進んでいった。






ヨットで移動した時に1日だけ船酔いになって吐きまくったことがあったので
船に乗るのに若干不安はあったけど、今回のスピードボートは全然快適で大丈夫だった。




でも中には酔っちゃった人もいて海に向かって吐いてたんやけど、
風に乗って戻ってきちゃって後ろの席の美人な白人におもっきしかかってて
美人な白人ガン切れしてた。














10時に着くというので事前に

[11:00 トゥルボ発 メデジン行き]


のバスを予約してたんだけど10時半になっても着かなくて少し焦った。





こんな時いくら心配しても早く着いてくれって祈っても
船の着く時間は変わらないのに、


仮に間に合わなかったとしてももっかいチケット取ればいいだけの話なのに、




心配症の僕はもう居ても立ってもいられないくらい不安になっちゃうんだよね。







10時40分頃到着して慌ててバスターミナルを探してオフィスに行き、
カプルガナの旅行代理店で発行してもらった11時発と書かれたチケットを見せたんやけど、



別にバスは満席な様子でもなかったけど、

なぜか乗せてもらえなくて12時発のバスでメデジンに行くことになった。














南米のバス移動はきついと聞いていたけど、
バスは新しくて冷房も聞いていたし、背もたれも倒すことができてなかなか快適だった。



バスに乗ってすぐ眠りに着いた。






ふと目を覚ますと近くに一人の黒人の女の子がこっちを見ていた。

で、他にも席はけっこう空いてたのになぜか僕の隣に座ってきて
なおも僕の方をジッと見てくるので仕方なくIGスマイルしたら





超シカトされた。





そんで僕の方を見てフンと鼻で笑ってなかなか感じが悪かった。





なんじゃコイツと思って僕も気にしないようにしたら
誰かと電話し始めてそんでいきなりケータイを渡してきて「話せ」と言われた。



スペイン語話せないと答えたらまた笑われた。
その子は電話をきって今度はケータイのカメラで僕を撮り始めた。


ただ単にアジア人が珍しいだけのようだった。




向こうは何かと話しかけてきたけど、

グアテマラのスペイン語学校で先生とはかなり意思疎通がとれるようになっていたので
自分はけっこうスペイン語話せるとは思ってたんやけど、


何言っとるか全然理解できんくて会話はあっけなく終了した。
















バスは途中何度も止まった。


道が悪かったのか土砂崩れだったのかバスの調子が良くなかったのか
理由は分からんけど、とにかくよく停止した。


30分停止して10分進んでまた停止して、
みたいな感じでなかなか進めなかった。



これが南米バスの洗礼なんかなって思った。













10時間の予定が14時間かかってメデジンに到着。



メデジンに着いたのが深夜だったのでタクシーを拾ったんやけど、
タクシーの運転手が全然目的の宿見つけれんくて



あっちこっち行ったり、いろんな人にで聞きまくって
やっとのことで目的の宿に着いたんやけど、



フルで泊めてもらえんかった。





で、

「予約とれんかったので別の宿を予約しておいたよ」





って予約をお願いしておいたタツさんから僕への書置きがあったのに
スタッフが忘れててそれを僕にくれんかったので


タクシーでまた宿探し。








で、深夜3時過ぎにようやく宿に到着できた。






そんな大した距離走ってないのにタクシーの運ちゃんめっちゃ料金請求してくるし、

なかなかタフな移動だった。







今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
読んでくれたついでにクリックしてもらえると大変大変有難いです。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

2011年を振り返って

20111230







早いもので2011年も終わろうとしていますね。


海外にいると日本の師走のようなな忙しさは一切なく、
毎週末のように開かれる忘年会もなく、
そしてここ南米は赤道に近いこともありくそ暑く、


これっぽっちも年末を感じていませんでしたが
気付いたらもう12月30日も終わろうとしています。


日本はもう大晦日も半分が過ぎたころでしょうか?

「笑ってはいけない」も間もなくですね。






ほんとに1年早いもんです。








さて、まったくもって年末感はないんですが
どうあがいてもあと20数時間ほどで新年を迎えてしまうので



かんたんにこの1年を振り返ってみようと思います。









まず新年はカナダのジャパニーズレストラン「北の家 GUU」で
皿洗いしながら迎えました。


「北の家 GUU」ではその後8月末まで働かせてもらい、
約9ヶ月間お世話になりました。






ここ「北の家 GUU」は僕にとっては大変厳しい職場で
皿洗い、揚げ場、サブと試練の連続でした。



信じられない量の洗い物に心居れ、

信じられない量のオーダーに心居れ、

そのオーダーをこなしながらもやらなくてはいけない営業中の仕込みと賄いづくりに心居れ、


何度も何度も何度も辞めようと思いましたが、
優しい先輩、後輩に支えてもらい最後までやりぬくことができました。

それに僕にはどうしても旅再開のための資金が必要だったので
辛くてもやめるわけにはいきませんでした。





ここではほんとにめちゃくちゃ働かせてもらいました。

多いときは1日に17時間働いたこともありましたし、
2週間で140時間働いたこともありました。


肉体的にももちろん精神的にもハードではあったんですけど、
そのお蔭でガッツリ稼がせてもらえたので文句は一切ありません。







もちろん働いてばかりいたわけじゃありません。




はじめのうちこそなかなか友達もできず休みの日を1人で過ごすこともありましたけど


GUUのメンバーとうちとけてきてからは仕事が終わりに遊びに行って朝方まで飲んだり
休みの日は飲みに行ったり。


休みをとってイエローナイフにオーロラ見に行ったり。


途中からは職場以外の友達もできたし、夏は外人と一緒にビーチバレーしたりもしました。





「十分に遊びつつ、十分に貯める。そのためにガッツリ稼ぐ」



っていう新年に立てた目標は十分に達成できたんじゃないかと思います。





ただパソコンを盗まれたために書けなかった「過去のブログ」を書くっていう目標に関しては
達成できませんでした。



後半、仕事も遊びも忙しすぎてブログを書く時間を作れなかったのは
完全にいい訳であり、猛烈に反省すべき点です。







実際旅を再開してから「過去のブログ」を書く時間なんて作れるわけもなく、
っていうか旅再開後のブログすら書ききれてない状況な訳で


カナダ滞在中に「過去のブログ」を書ききらなかったことをとても後悔しています。












旅再開後はアメリカ、メキシコ、キューバ、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドル、
ニカラグア、コスタリカ、パナマと移動し、

ここコロンビアまでやってきました。









イチローの活躍に大興奮のシアトル

トシと歩いたNYのタイムズスクエア、

藍に再会して毎晩飲み明かしたモントリオール。


バイクでのアメリカ横断に

オープンカーでのアメリカグランドサークル周遊と

言うまでもなくとっても充実していた北アメリカ。



スペイン語圏に突入もアミーゴばかりで快適なメキシコはタコスもうまいし、
たくさんの先住民と民芸品があるグアテマラでの3週間のスペイン語語学勉強もとっても楽しかった。

キューバではそのカリブ系の明るさと社会主義独特の貧しさに直面し
色々と考えるものがあったし、駆け抜けた中米もやはり国ごとで人口比率の違いや国民性が違いおもしろかった。
中米ではほんとに民族について考えさせられることが多かった。


スペイン語を勉強したあとは少しは地元の人達とコミュニケーションとれるようになって楽しかったし。





旅再開後の4ヶ月もとっても充実していた。









と、いう訳で振り返ってみるととってもいい1年だったなって思います。



ブログの方はなかなかリアルタイムに追いつけませんが
読んでくれたみなさん、コメントくれたみなさん、クリックしてくれたみなさん、





旅再開後はアクセスも順調に増え、コメントもたくさんの方から頂き、
大変励みになりました。



応援ありがとうございました。




頑張って更新していこうと思うので来年も応援よろしくお願いします。







それではみなさんよいお年を!








2011年12月30日

コロンビア・メデジンより



SAL IG



今年最後のワンクリックをぜひ!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。