スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューバの貧しさと社会主義

20111114








また長いことバスに揺られてハバナに戻ってきた。






20111114.jpg

20111114a.jpg

20111114b.jpg

20111114c.jpg

20111114d.jpg

20111114e.jpg

20111114f.jpg

20111114g.jpg

20111114h_20120714160715.jpg

20111114i.jpg

一応行ったことの証明として写真を撮りに
見所っぽい所はまわったけど、



あまりハバナの街に興味が持てず、観光意欲もなく、
あと空気が悪くてあんま歩きたくないっていうのもあって早々に宿に落ち着いて
翌日の朝の便でカンクンに戻った。





















キューバに来る前はキューバのことなんて全然知らなかった。


黒人が多くて野球が強い。
そんなイメージがあっただけ。





でもカンクンの宿で旅人から話を聞いたり、情報ノートやガイドブックを見て

人々の生活はがても貧しいことを知った。



そしてカストロやゲバラの革命のことや今も社会主義だということを思い出した。







歴史も政治も経済のことも詳しくないからよく分かんないんだけど、
ただ社会主義に関してはいいとは思わない。


実際ソビエト連邦は崩壊してしまったし、いい例がないし、



社会主義国家やってて人々の生活が貧しいなら
とっととやめちまって資本主義にすればいいのに。



アメリカと仲が悪いならアメリカにごめんなさいして
いろんな国から経済支援してもらえばいいのに。



そうえずれば経済なんて5~10年で回復して
人々の生活も豊かになるだろうに、


そんな風に思ってた。














で、キューバに行ってみて思ったのは人々の生活はほんとにほんとに貧しい。


実際に物が不足している。





家庭にTVは一応あるらしいけど、
家はボロボロで服もボロ。


靴やサンダルもボロボロだったり裸足だったり。



路上では使い古されたペンが売られていたり
使いかけの鉛筆が売られているレベル。







僕の友人のペドロは週2で大学に通い、週5で働いて
一月にもらえる給料が12CUC(1000円ぐらい)らしい。

高校生のさのやのバイトでも2時間で稼げちゃうよ。


一般の人の平均月収が20CUC(1600円)だって
言うんだから生活は大変だと思う。





前回のブログで書いたけど仲良くなったおっさんは
33円拾っただけで大喜びしてたしね。



33円って小学校の高学年とかになるともうあんま喜ばんそうな気がするが。




でもまあキューバの貧しさっていうのはそんなレベル。






しかも会う人会う人

Tシャツをくれないとかペンをくれないかとか言ってくる。


ペドロにもおっさんにも言われたし、普通に道歩いてても
聞かれたりする。


それくらい物が不足してる。







そんな現状を見ながら、

キューバ政府は何をやってるんだ?
何を見てるんだ?


何を考えて今も社会主義の体制をとってるんだ?


なんてことを思っていた。










でもサンティアゴ・デ・クーバの街では



人々は陽気で誰とでも仲良く
どこからでもサルサやレゲトンの音楽が聞こえ、

人々はところ構わず歌ったり踊ったりリズムをとったり。



娯楽があんまないのか分からんけど、
昼夜問わず外に出て老若男女関係なく戯れてた。



なんていうか平和な感じに見えた。






そして資本主義の大都会、格差が激しい社会ではよく見かける
ホームレスがいなかった。


道端で寝てる人は見かけたけど、
ホームレスっていう感じではなかった。




歩いていてお金をくれよとは言われたけど
物乞いだけで生活してる人はいないんじゃないかな?


政府が食べ物を支給してるハズだから。

実際夜にお兄ちゃんが1件1件周りながら
パンみたいなのを支給してるを見たし。






人々の生活は確かに貧しい。

前回のブログで心は豊だ、なんてことを書いたけど、


実際にぼったくりやツーリストを狙った犯罪とかもあるみたいで
その貧しさはやっぱり深刻な問題なんだろうけど、





ただ、でも僕的には



キューバの人々は不安・ストレスと戦う現代社会の人々よりも

よっぽど幸せそうに見えた。






そんな彼等を見て経済発展だけが人々の幸福ではない。


資本主義に変えれば経済はまあまあ簡単に上向きになっていくと思う。

でもそれが必ずしも彼らの幸福に繋がるのではないということを感じた。









ってな具合に今回はめずらしくシリアスな問題について考えさせられた。












得意のボッタクリにあってかなりムカついたりもしたけど、
陽気でフレンドリーだし、楽天的だし強烈におもしろくて楽しめた国だった。



また来たいな。


そう思える国だった。














ランキングいきなしSHOGOとCHIEちゃんに負けてるし!
ランキング順位がモチヴぇーションにつながります。
応援クリックお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

良き日

20111112










街を歩いていたら1人のおっさんに下手クソな英語で話しかけられた。
(まー自分も人のことをバカにできるレベルじゃないんやけど)




「どこから来たんだ?」




発展途上国でこんな風に外国人ツーリストに英語で話しかけてくる奴は
ツーリストから金をふんだくってやろうと考えている輩が少なからずいるので


シカトしておいた方が無難というのが今までの経験から感じていることなんだけど



完全シカトすんのも感じが悪いので一応返事した。






20111112a.jpg

で、ちょっと話したらこれから僕が行こうとしていた
教会まで強引に連れてってくれることになった。






こうなると大抵さり際に案内料をよこせとかって言われて
モメたりするので


案内させないようにちゃんと断るのがベターなんだけど、
なかなかハッキリNOとハッキリ言えなくて、しばしばこんな状況を作っては

あとでお金要求されませんようにって祈ってる自分がいる。












20111112b.jpg

で、教会連れてってもらってお祈りした。


僕はクリスチャンでもなんでもねーし、ただ教会見て写真撮れればそれでよかったんやけど、
おっさんが深々とお祈りしてるもんだから僕もやらんと不謹慎かなって思って真似てお祈りした。








去り際、お金を要求されるんかな?って思っていたら


「ペンとかTシャツとかあと、ひげそりとかあったらもらえないか?」


と言われた。




僕はキューバの治安は良くないので余計な荷物を持っていくべきではないと思って、
デイパックのみで行っていたので本当に必要最低限の物しかなくて何もあげれなかった。




「ごめん、ないんだ」


というと、



「そうか。それならいいんだ」



と、がめついてくる訳でもなかった。
ただの人のいいおっさんだった。





「ありがとう」

とお礼を言って僕らは別れた。





















2日後に小さいスーパーみたいな所でたまたまおっさんに会った。








「おー!おっさん」




「おー!こないだの兄ちゃん」







ってな感じで挨拶を交わしたときに










!!!







おっさんの足元にお札が落ちているのに気づいた。




僕はまわりの人に分からないようにおっさんに合図。






「おっさん、足元足元。」





おっさんは足元のお金に気づくとすぐさま手にとり、
ダッシュで外に出た。





おっさんがGETしたのは10ペソ(約33円)札だった。







たった10ペソだったんだけど
おっさんはそりゃあもうすごい喜びようで、



お札にキスをしたり、空を見上げては神様に感謝して何度も胸の前で十字をきっていた。




53のおっさんが、

うちのおとうさんと同じぐらいの年齢のおっさんが
たった33円拾っただけで、


「あー、今日はなんていい日なんだ」

と、言ってものすごくものすごく喜んでた。




見ていてキューバの貧しさを感じれずにはいられず、


「俺が最初に見つけたんやから半分よこせ」


とも言えなかった。








おっさんとそのまま公園行って少し話をした。
で、おっさんそのままバスターミナルまで僕を送ってくれた。








その途中の露店の前で


「なぁおい、腹減ってねえか?
 
 おっさん腹減っちまってよー。今日はさっき拾ったお金があるからおごってやるぞ!
 あー、今日はいいだなあ」







おいおいおい!


せっかく拾ったお金こんなとこでしかもこんな見ず知らずの外国人に
使ってんじゃねーよ。とっとけよ!貧乏なのに無理すんじゃねーよ!



って思って断ろうと思ったけど、おっさんの好意を断っても悪いと思って、
ジュースをご馳走してもらった。








僕はモーレツに感動した。


なんて貧乏で、なんて心の優しいおっさんなんだ。
これがキューバっていう国なのかって思った。










バスターミナルまで送ってくれると、


「じゃあな、気を付けてな。また来いよ」


そう言っておっさんは行ってしまった。








貧乏だけど明るくてとってもいい人で
なんか心に潤いを与えてもらった気がした。



20111112c.jpg


ありがとう、おっさん。


おっさんに会えた今日はとってもいい日だよ。











にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

グリグリが強すぎて

20111111









サンティアゴ・デ・クーバの街並み。

20111111.jpg

20111111a.jpg

20111111aa.jpg

20111111ab.jpg

20111111ac.jpg

20111111ad.jpg

20111111b.jpg










街を歩いている時に出会ったペドロは親切に色々と案内してくれた。




カストロの生まれた家とか博物館とか。



20111111d.jpg

20111111j.jpg

友達の車をチャーターしてくれてモロ要塞へ行った。





20111111e.jpg

20111111f.jpg

20111111g.jpg

20111111h.jpg

20111111i.jpg


その昔海賊の襲撃に備えて建てられたらしいけど、
海賊なんてほんとにいたんだね。




ここサンティアゴ・デ・クーバは革命の里と言われているらしく
革命戦争が始まった地らしい。











伝統的なBARや海沿いに建つおしゃれなカフェにも連れてってくれた。



20111111k.jpg


伝統的なBAR。ヒトシマツモトのなんちゃらじゃありません。
夜は地元の人が集まってみんなでサルサを踊るとのこと。

20111111l.jpg

20111111m.jpg

20111111n.jpg






20111111o.jpg

ここでは有名なモヒートを頂きました。










20111111p.jpg

海沿いに建つカフェ。

20111111q.jpg

20111111r.jpg

客層もきちっとした身なりの人が多く、なんか飲みながら
葉巻を吸ってたのがキューバっぽかった。














夜は夜でカフェテリアと呼ばれるPUBのような所やクラブや
カラオケ(キューバにもカラオケがあった)に連れてってくれた。



何もかも小綺麗で小高い外国人向けの造りものの飲み屋ではなく、

汚くて不衛生で地元の酔っ払いがたくさんいたけど、
ツーリスト1人じゃあ絶対に見つけれないようなローカルの匂いがぷんぷんしそうな所に
連れてってもらえたのは嬉しかった。






20111111s.jpg

20111111t.jpg

20111111u.jpg

20111111v.jpg

そこにはペドロの飲み友達もいて一緒に飲んで踊ったりした。

街を歩いていても思うんだけど東部はやっぱり
黒い人が多い。





20111111x.jpg

5番、遊撃手のアレックス。
キューバではやっぱり野球がメジャースポーツなので話が盛り上がった。

キューバの至宝リナレスのことも知ってるしね。







ここではみんなビールを飲んでるんだけど、生ビールを1.5リットルのペットボトルに入れて
みんなで飲むっていう新しいスタイルの飲み方だった。




生ビール1.5リットル、30ペソ(約99円)なので随分と安いんだけど、


「外国人専用のPUBやBARに行ったら外国人価格だけど、
 ここは俺たちと一緒なら地元価格で大丈夫だから」


と、全奢りにされたのは気にくわなかったけど、
確かに外国人向けBARとか行ったらビール1杯平気で4~5CUC(320~400円)
しそうだし、いい所に連れてきてもらったってのもあって文句も言えなかった。







ペドロがいるうちは彼が訳してくれて会話もできたんだけど、彼がちょっと席を外したりして
いなくなるともう彼らとはまるっきり話ができないのでなかなかコミュニケーションとれず、
1人で静かに飲んでいたら



1人の女の子が踊ろうと誘ってくれた。









僕はダンスとかマジでダメなので最初は断ってたんだけど
飲んでいるうちに酔いが回ってきてしまい、


手を取られるままその子と踊っていた。






はじめのうちは小学生の合唱のようにゆらゆらと揺れていただけなんだけど、
途中から女の子が僕に背を向けたかと思うと


お尻を僕の股間に押し付けてきて音楽に合わせてぐりぐりと回してきた。




なんじゃー、こりゃー




カンクンでアケミさんから東部の踊りは股間がなんちゃらとか
激しいよ、とは聞いたけど


もうなんていうか、あんまり踊りじゃなくなってきてるじゃねーか。





この女の子の動きに対してどうしていいものか分からず、でもとりあえず腰の辺に手を置くのが
一番自然な形と思い、そうしてみたけど、



これがなんともイヤラシイ・・・











20111111z.jpg

20111111y.jpg

こんな感じ。
目つきがエロすぎるぞ、ペドロ!








キューバの女の子たちは見ず知らずの外国人の股間にお尻を押し付けて
なんにも恥ずかしくないんだろうか?



とっても挑発されてる気分になるんやけど、
こっちの子はこうやって誘うんやろうか?





っていうかグリグリが強すぎてベルトが2、3回が外れた。



どんだけグリグリ激しいねん!










そのあとで別の女の子とも踊ったんだけど、

やっぱりお尻を股間に突きつけてグリグリやるもんだから
やっぱりベルトが外れた。








サンティアゴ・デ・クーバのダンスは刺激が強い。













エチオピア東部めぐりからまたアディスに戻ってきたので
また更新していきます。

ランキング参戦したSHOGOとCHIEちゃんには負けられない!!
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

キューバの物価は安いのか?

20111110









カンクンからキューバに飛んだ。

旧ソビエトの飛行機で飛んでる時に煙が上がるという
クバーナ航空を利用したけど無事にキューバの首都ハバナに着いた。





島国って交通手段が限られていて移動費が高くつくイメージなので
基本的には好きではないんだけど、

メキシコからなら往復で200ドルぐらいで行けると旅友から聞いていて
それくらいで行けるのなら行ってもいいかなって思った。実際には270ドルくらいだったけど。









キューバに着いてその日の夜行で東にあるサンティアゴ・デ・クーバに向かった。






カンクンに来てようやくキューバのことを調べ始めたら
いろんな都市に行ってみたいってなったけど、


ついついフライトチケットは早めに取りたいっていう癖(トラウマ?)で
帰りのチケットも取ってしまっており、滞在は1週間と決まっていたので


どうせなら、とサンティアゴ・デ・クーバに行くことにした。








サンティアゴ・デ・クーバはハバナよりも黒人率が高く
キューバ音楽のメッカと言われており、


またダンスもハバナをそれとは違って独特の激しさを持つということで興味を持った。



それにやっぱり首都ではなく地方に行ってこそその国の国民性、文化、ライフスタイルが見える
んじゃないか、みたいな考えが僕にはあるし、


あと単純にたくさん移動したほうがホームページのMAPが栄える
と思ったので。
























15時間ほどバスに揺られてサンティアゴ・デ・クーバに到着。









バスターミナルを出ようとすると扉の向こうにはすごい人だかりが。













客引きだ。






お腹を空かした家畜らに飼い主が餌を持ってきた時みたいな「我先二、我先二」状態で
外に出るのが躊躇われた。






でもとりあえず行くしかなく、扉を開けようとしたらまだ扉開けたか開けてないかくらいの時に
もう腕を掴まれてあっちへこっちへ引っ張られた。







超強引。

今までのどの国よりもすごい客引き。







僕はスペイン語話せんし(キューバの公用語はスペイン語)
彼らも英語話せんので

ただひたすらに値段のみの交渉。





「一晩いくら?」




「20だ」




1人がそう答えると




「うちなら15だ」





「うちだって15だ」





「何をー、それならうちは10・・・12だ」






みたいな感じで価格競争になりどんどん安くなっていって最終的には10CUCっていう人
まで現れたんやけど、


途中から1人全然原始的じゃなくて紳士的でしかも英語がしゃべれる人が
出てきたので15CUCだったけど、彼についていくことにした。




ホテルとかももちろんあるんだけど、
キューバには政府の許可がないとできない民泊があり、壁にはイカリのマーク(じゃなくて)がある。


今回はその民泊にお世話になることにした。




あてがわれた2ベッドルームに荷物をおろし、
早速街歩き。





20111110a_20120707020736.jpg

20111110b_20120707020735.jpg

20111110c_20120707020735.jpg

20111110d_20120707020734.jpg

家はけっこうボロボロなのが多い。




20111110e_20120707020733.jpg

けっこういろんなところで旧車を見かける。




20111110p.jpg

馬車とか見んの久しぶりだなー。





20111110f_20120707020732.jpg

まるで囚人か捕虜でも移動させるんかってくらいギュウギュウ詰めなトラック。
家畜じゃないんだから。











1時間ほど歩き、カフェで一休み。






みんな美味しそうにアイスを食べてるので僕もアイスを注文。
3種類のアイスが登場。キューバのくせに(←失礼)なかなか洒落たもん出すなー!









ハバナで両替したばっかでお金いっぱい持ってたし、
言葉通じないので値段確認せずに注文しちゃったやんやけど、



僕のいくら?って聞いた質問に返ってきた答えが「5」だった。










5?




5ドルもすんの(キューバの貨幣CUCとアメリカドルは同等の価値)これ?



写真撮り忘れたので説明しずらいんやけど
握り拳の3分の1ぐらいのアイスが3つ出てきただけで5ドルするっていうんだ。




おいおいおい、先進国アメリカよりも高ーじゃねえか!キューバ。







と思いながらも先に値段を聞かんかった俺が悪いんやと思いながら
しぶしぶ5CUC渡そうとすると、






ウエイトレスが







オーノー!トンデモナイヨ、オニイサン




と言った感じで首を振り5CUCを突き返してきて
何やらごちゃごちゃ言ってきた。







だけど、僕にはちんぷんかんで



ワケワカラナイヨー


みたいな顔してたら



僕の手から1CUCだけ取り、そして大量の小銭を返してくれた。












5CUCじゃなくて5ペソだった。




実はキューバには2つの通貨があって



1つが外国人用通貨のCUC。これが米ドルとほぼ同等の価値。

で、もう一つが現地の人が使う人民ペソCUP(紛らわしいのでMNと表記されるらしいが
一つの国に2つの通貨があること自体紛らわしいと僕は思うぞ)


1CUCが24人民ペソとなっている。









で、僕が食べたアイスは5CUCではなくて5ペソだったので大量(19ペソ分)の
小銭が返ってきたという訳だ。







5ペソってことは約16.6円。











・・・安っ!!











20111110g_20120707021048.jpg

他にもこのコーヒーが1ペソ。約3.3円ナリ。




20111110h_20120707021047.jpg

このアイスも3.3円。
破格だと思ったインドのアイスより安いよ。
ちむちむを呼んであげたい。







現地の人向けに出してるお店で飲めばジュースも1杯1~2ペソ。


サンドイッチだって5ペソ(16.6円)で食べれちゃう。











なんて安いんだ、キューバ!






20111110i_20120707021047.jpg

かと思いきやコチラの食事は8CUC(640円)
メキシコだったら中華ビュッフェが2回食える。








20111110j_20120707021046.jpg

有名なモヒートも1杯4CUC(320円)と決して安くない。














2つの通貨を持つキューバ。






高いのか安いのかよう分からんぞ。




いや、高いし安いんだ。











ただ交通機関や宿に関しては基本的はCUC払い

(空港から市街地までタクシーで     20CUC
 ハバナ→サンティアゴ・デ・クーバ 長距離バス  51CUC
 宿1泊 15CUC)


なので決して安いっていう感覚ではないよね。










なんで2つの通貨を造ったのか、
外国人旅行者にたくさんお金を払ってもらう為やろうか?


でも外国人旅行者に優しくないことしてると
外国人旅行者来なくなっちゃうぞ!?



と僕は思う。













さてさてリアルタイムではエチオピアの南部少数民族めぐりから帰ってきました。
また頑張って書いていこうと思うので応援クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。