スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常夏の海の上で金髪ビキニギャルと過ごすクリスマス

20111224










ヨットに乗ってるときはマジ自由でピースだった。




縛るものは何もなかった。


誰も何も言わねーし、もちろん時間にも一切縛られなかった。
だから船に乗ってすぐに時計を外した。


WIFIはもちろん電力もねーからブログのプレッシャーも皆無だった。














起きたいときに起きて朝からダイブ。

20111224.jpg



目が覚めたら果物でもかじりながら

20111224a.jpg

心地よく揺れる船の上で本を読んだり、音楽を聴いたり。

20111224b.jpg

20111224c.jpg













どこまでも広がる青い空を眺めたり、

20111224d.jpg

きれいな海を眺めたり、

20111224h.jpg

心地よい波の音に耳を傾けたりしながら物思いにふけったり。








眠くなったら爽やかな風を浴びながら気持ち良く揺れるハンモックで昼寝。








カリブの太陽に体が火照ったらまた海にダイブ。








シュノーケリングするも良し、
ボードに乗って波と戯れるのも良し、
ボートに乗って遠出するも良し、

20111224i.jpg

釣りするのも良いし、

20111224j.jpg

銛みたいなので突くの良し。









島行ってラグビーしたり、

ゲームしたり。

20111224l.jpg

20111224n.jpg

20111224m.jpg

ただただ島を散歩するだけでもわくわくだしね。

20111224q.jpg









もちろん昼間から飲むも良し。


誰も何も縛らない。
















船長が釣って捌いてくれたマグロの刺身を食べたり、

20111224qq.jpg

20111224r.jpg

20111224ss.jpg

(船長刺身大好きでキッコーマンもワサビも持ってる)


20111224ss2.jpg

20111224s.jpg



漁師から買ったロブスターや蟹を食べたり、
20111224u_20120816204634.jpg

20111224v.jpg

20111224w.jpg

20111224z.jpg

毎食海の恩恵にあずかってた。












夜はみんなで島へ行ってキャンプファイヤー。

20111224za.jpg



ヤシの木からもぎとったココナッツで割ったラムはもう別に飲みたいとは思わんけど
あそこでしか飲めない特別な味。


20111224o.jpg

20111224oo.jpg

20111224p.jpg






20111224z2.jpg
島にいたヤドカリ。









いい加減飲んで騒いだらヨットの上で横になり

無数の星を眺めながら眠りにつく。











クリスマスは船上でパーティ。

まあ、毎日飲んだくれだったけど、この日はこの日のために用意してくれたシャンパンを開けて
みんなでクリスマスソングを聴きながら飲んだ。

20111224zc.jpg


常夏の海の上で金髪のビキニギャルと過ごしたクリスマスは一生忘れないと思う。















海水でシャンプーしたり

20111224z4.jpg

ヒゲ剃ったり

20111224z5.jpg


クナ族の村を訪問して先住民とバスケしたり。

20111224zd.jpg

20111224ze.jpg

20111224zf.jpg










20匹くらいのイルカの群れに遭遇できたのはマジで感動だった。
30分くらいずっとヨットのまわりを泳いでてとっても愛らしかった。
(船酔い過ぎて写真撮れなかったけど)
















ネット中毒の僕だけどこのトリップではネットが繋がらなくてよかったと思う。





自由ではあったけど
できることにも限りがあったから
贅沢に時間を使うことができた。





この先の旅プランを考えたり、
将来のことを考えたり、
今までの旅を振り返ってみたり、
あの子のことを想ったり、


いろんなこと考えれた。







予定より1泊延びて渡航期間は6日間だったけど
ほんとにゆっくりと時間が流れてた。




20111224zzz1.jpg

20111224zzz2.jpg

20111224zzz3.jpg

20111224zzz5.jpg

20111224zzz6.jpg

20111224zzz7.jpg










世界一周しながらもネットでほぼ毎日プロ野球ニュースをチェックしたり、
日本人宿に行って日本人とつるんでるような旅は




どこかで日本と繋がっていて
世界一周をしながらも日本にいるというか


どうしても海外を旅してる感に欠ける所があったけど








今回、ネットと断絶された海の上で

外国人(それもほとんどが英語圏でみんな英語ペラペラ)ばかりとの船旅。




それもきれいなカリブ海、美しいサンブラス諸島を巡る旅は
最高に海外を旅してる感を感じることができた。






4人のオランダ人と
2人のカナディアンと
2人のオーストラリアンと
1人のスイス人と僕。





残念ながら僕が思ってたような欧米人とのカリブ海よりも熱い恋は生まれなかったけど
十分に異国交流もできて


最高に贅沢で有意義なトリップだった




僕がもう少しバリバリに英語話せて彼らともっと深い話ができたらよかったんだけど、
それでもとっても楽しい航海だった。












目指せランキング50位以内!
今日も応援クリックお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コロンビアへ

20111223










パナマからコロンビアへどうやっていくか。






ゲリラに襲撃されるため陸路では行けないらしく、このルートは旅人のテーマの一つになっている。


選択肢としては飛行機で飛ぶか船で海を渡るか。









まろん夫妻からこの区間は200ドル前後で飛べると聞いていて
まー「飛び」かなーって思っとんやけど、



いくら探してもその航空会社のサイト見つかんなくて
調べてみたらどうやら潰れたみたいで





で、仕方なく別の航空会社で調べたんやけど、


運賃400ドル弱もした。














たった1~2時間のフライト、200ドルでも割高だと思っとったのに
400ドルって。



これは高過ぎだろっ!







って思って買えずにいて


で、パナマ着いてから直接航空会社の窓口で買えば
割引きとキャンセルとかでもちっと安く買えんじゃね?



みたいな淡い期待にかけてみた。






が、パナマ着いてから航空会社行ってみたものの、
日にちが近くなってきたせいかどれも450ドルくらいまで上がってた。





期待してた割引やキャンセルでの値引きなんかは一切なかった。








それでヨットで海を渡るっていう選択肢も出てきた。

泊まっていた宿が丁度「ヨットで行くコロンビアへの船旅」ツアーを持っていて
話を聞いてみたんやけど、


4泊5日、食事付きで475ドル



と、これもなかなかブッ飛んだ金額。


しかも5日間とけっこう日数もかかる。












で、



ギリギリのギリまでどっちで行こうか迷っとったんやけど










結局ヨットで行くことにした。









ヨットの方が若干高かったけど、


1~2時間のフライトで味気なくコロンビア入りするよりも





美しいサンブラス諸島を堪能しながら、
クナ族の家にホームステイしたり、
海の幸を頂いたりしながらのんびりとコロンビアを目指すが方が


ロマンチックでアドベンチャー的でおもしろいかなって思って
ヨットで行くことにした。






ただ、コロンビアにいるタツさんと地元コロンビア美女たちとぱーっと過ごすクリスマスを
想定していただけに、


恐らく船の上かどっかの島で一人さみしく過ごすクリスマスを迎えることになりそうなのが
ネックではあった。















当日早朝、


ランクルにツアー参加者8人+ドライバーがギュウギュウ詰めに乗り
ボートの出る所(名前忘れた。エルポルベニールの辺)へ向かった。

20111223.jpg


他のツアー参加者のことを全く考えてなかったけど、
同じ宿に泊まっていた欧米人7人もツアーの参加者だった。


1人ぼっちじゃなくてよかった。












到着したところで2人のカナダ人も加わり、ツアー参加者は10人になった。

20111223a.jpg


そこからクナ族の運転するモーターボートに乗った。
荒波が来たら転覆してしまいそうなくらい小さなボートだった。

20111223sd.jpg





実際乗ってる時に何度も波が襲ってきて全員ずぶ濡れになった。

20111223s.jpg





30分ほど進むとサンブラス諸島が見えてきたけど
めちゃめちゃめちゃめちゃ綺麗だった。

20111223c.jpg






海はマジエメラルドグリーンに碧く、ヤシの木もそれっぽく生えていて、
ほんとに写真とかで見るような


「THE 南の島」って感じでツアーへの期待が高まった。







さらに30分ほど行ったところに「pearl de caribe号」という僕らの乗るヨットがあり、
船長のフリオが僕らを歓迎してくれた。











僕は船で移動してクナ族の村にホームステイするんだと思ってたけど
(事実広告にはそのように書いてあった)
このヨットで寝泊りするとのことだった。




こんな小さいヨットで12人(ツアー参加者10人、乗組員2人)も寝泊りできるんかなって思ったけど、


ちゃんと乗客用のベッドは10個あったし、
トイレも2個あったし、
キッチンもあってガスも使えたし、
オーブンもあるし、冷蔵庫もあってけっこうちゃんとしてた。

20111223d.jpg





そんな外見よりも快適なヨットでコロンビアへの航海が始まった。








頑張って書いてます。
応援くりっくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

パナマシティ

20111220









美女と別れたあと僕は行き先を確認してバスに乗った。



見知らぬ地、初めてのバスに乗ってる時って降りるタイミングが分からんもんで
普段はそういう時乗務員なり、乗客に聞きまくるんだけど、


幸い歩き方にマップが載ってたのでそれを参考にしながら降りるタイミングを図った。






ガイドブックはカサ張って重くなるので


オセアニア、アジア、ヨーロッパ旅しとった時は全く持ってなくて
見もしてなかったんやけど、




メキシコでにしやんに歩き方をもらって見るようになったら
ほんとに便利。





MAPはあるわ、宿の住所も値段もあるわだから


初めての土地でも全く心配いらない。













バスのルートはイマイチよく分からんかったけど、
でもすぐ着くだろうって思ってたらなかなか着かなくて




MAP見たらもう通り過ぎてて、そんで目的地からどんどん離れていってて





ゲッ!って思ったけど、



多分このバス市内の決められたルートをぐるっと1周してまたバスターミナルに
戻っていくだろうからその時にきっと僕の降りたい通りを通ってくれるだろう、




って思ってそのまま乗ってた。






そしたらそのバス方向転換せずにそのまま終点まで走ってってしまった。

完全に降りそこねた僕は終点まで行ってしまい、今度はバスターミナル行きのバスに
乗って市内に戻った。




タクシーなら10分で宿に着くところを4時間半かけて
ようやく宿に到着。





















荷物を下ろして一休みしたあとは街歩き。



蒸し暑くて、古っちくて、不衛生で、小汚くて、
エネルギッシュで活気に満ちていてなんだかすごくアジアっぽいなーと思った。







かと思えば旧市街に向かう途中ら辺は


建物の造り、配置、古さ加減、黒人が多い所なんかが

とってもキューバっぽいなって思った。



まあカリブ海に面した国だから似ててもおかしくないんだけどね。


黒人の人種率は17%となっていたけど、もっと多いんじゃないかと
思うほどここでは黒人ばかり見かけた。














そしてコチラはニューヨーク・マンハッタン島の写真

IMG_8762_20120815033100.jpg









って言われたら信じてしまいそうなパナマ新市街の写真。



IMG_8746.jpg

IMG_8747.jpg


高層ビルが立ち並ぶ大都会。













カリブかっ!!









ってツッコミたくなるほどのキレイな海だと思ったら
パナマ、カリブ海に面してました。




ただパナマはカリブであるとともに中米でもある訳なんだけど、


でもグアテマラをはじめとする他の中米と同じくくりにしてはいけない気がするほど
違う雰囲気を持ってる気がする。





新市街ではスーツ姿の白人をよく見かけ、
それはそれは全く先進国のようであった。








北米と南米を結び、
太平洋と大西洋をつなぐパナマは



いろんな顔を持ってるなーって思った。







おわり。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




IMG_8776.jpg


セビーチェ

中南米で食べられる魚介類のマリネである。ペルーやメキシコなどの名物料理。



とってもおいしいし、値段も1~2ドルと安いので
中南米でよく食べてました。

もう誰もが僕をチキンと呼べばいいじゃん!

20111220











早朝4時パナマシティに到着。










降車後、乗客のほぼ全員がまるで夜逃げでもするかのように
タクシーなり、迎えの車なりでさーっとどっかへ散ってしまった。





早朝4時に公共交通機関が運営している訳はなく、1人取り残された僕は


もうちょっと到着時間考えて出発してくれればいいのに、と
こんな時間にこんな所でどうせれっちゅうねん、と思わずにはいられなかった。








が、悪いことばかりではなかった。












僕以外に取り残されてたたった1人の子が、


僕がバス内で見てかわいいと目をつけてたアメリカ映画に出てきそうな
メガネ美人の女の子だったんだ。









僕の友人や僕のブログを熱心に読み続けてくれてる貴重な読者方(いるのか知らんが)なら

こんな時僕がどんな行動を取るか、かんたんに想像がつくと思うけど、



















もちろん

















声かけれず。

















だってヘタレやもんでしょーがないじゃん!


ブサイクならともかく(←見たくれで対応を変えるな、無礼者)
けっこうな美人やったもん。









声かけれる訳ないやーん!!















でも考えたよ!?







なんて話しかけようって。


なんて話すのが自然だろうって。










でもいい言葉を思いつかんくて、






話しかけれずにおって、










コレ結局話せんうちに終わっちゃうパターンやろうなー



なんて思っとったら












なんと!











向こうから「コーヒーでも飲まない?」って誘ってくれた。












僕らは階段を降り、まだまだヒト気のないカフェテリアに腰を下ろした。























2年半旅してて初めてだよ。




こんな映画や物語みたいに行き当たりばったりで出会った美女に声かけられて
2人でお茶するなんて。










ちくしょーめ!!








長いこと続けてればいいこともあるもんだなー(←ただ一緒にコーヒー飲んでるだけだけどね)












席に座り、軽く社交辞令的な会話をしたあとは



彼女はそれはそれは熱心に本を読んでいたので、







僕はIPOD touchをいじるフリをしながら彼女を盗み見るコトぐらいしかできなかった。





ので、2人の間には冷めた夫婦のように会話はなかったけど、








それでも

イキナシ出会った可愛い白人とコーヒーを飲みながら夜明けを待つ
っていう状況に僕は満足だった。









1時間ほど時間を潰し、僕らは行くことにした。












ここ最近は昔に比べたらいともかんたんにタクシーを使うようになった僕だけど、


バスターミナルから目当ての宿までタクっても料金はしれてたんだろうけど、


タクシーを彼女とシェアするっていう選択もあったのだけれど、





なぜかこの時僕は「僕はバスで行くよ」と宣言してしまい、宣言した以上あとには引けず、
動き始めたバスに乗り、彼女とはそこで別れた。












結局、彼女はスイス人で今はアメリカで働いている、
ということが分かっただけで









連絡先も、




名前すらも聞けなかった。




無論写真の1枚も撮れず。



















せっかく巡ってきたチャンスやったのになー、



ってバスん中でモーレツに後悔。







最初の一声がかけれんのならともかく
向こうから誘ってもらってお茶しといて



連絡先も聞けんなんて・・・。












でも


しょーがない









しょーがないよ













自分ヘタレキングやもんでしょーがないじゃんよ!!











ヘタレ男に同情してくれるならクリックをお願いします。
僕の気持ちが分かるという、ヘタレくん、ヘタレちゃんもぜひクリック願います。
inポイントの方が有難いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ありがとうございます。
おかげさまで100位以内をキープしています。

これからも応援よろしくお願いします。
main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。