スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル魔女の宅急便




20100913







久しぶりのシングルルームに泊まった昨夜はなぜか欧米人の真似がしたくなって裸で寝たら
寒かった。そしてめっちゃ虫いさされてた。


チェックアウトを済ませてまた旧市街に行こうと思ったら荷物を預かってくれないとのことだったので
駅のコインロッカーに荷物を預けてまた旧市街に向かった。



20100913.jpg


ドラクエ3のアッサラームの街のように昼夜で全く違うような印象を受けた。
空は青くて、海も青くて建物は白くてとても清々しい感じ。




20100913a.jpg


でも相変わらず観光客は多くてその辺はやっぱちょっと苦手だった。


20100913c.jpg

狭い路地でもたくさんの観光客。



20100913b.jpg


そして相変わらず昼間っからビールを飲む欧米人観光客。
(彼らは休暇を利用して来ていて何一つ悪くはないんだが、羨ましいったらありゃしない!)





20100913d.jpg


旧市街ではパラソルを広げてお土産や特産品を売っていたりもしてた。




20100913g.jpg

あと本当ドラクエに出てきそうな格好した人がオウム使ってなんかパフォーマンスしたりもしてた。





20100913e.jpg

20100913f.jpg

港からの景色もきれい。


ライトアップされた夜の旧市街も素敵だったけど、
昼間の旧市街もとってもいいねー!







そんでこの旧市街を高い所から見たらそりゃあたいそう絵になるだろうなーって思って
なんか上の方を目指してみた。


ロープウェイ的なのも出てたけど、
そんなんに頼ってたら藍に笑われてしまうので自力で登っていった。

けっこう急な階段やら坂道でなかなかしんどかった。

なかなかしんどかったのはいいけど、
どの道がちゃんとした道なのかイマイチよく分からんくて
民家の敷地内なのかそうじゃない所を迷いながら登るのは嫌だった。



で、実際どこが旧市街を見下ろすベストスポットなのかよく分からんかったけど、
いろいろ場所を移動しながら旧市街を眺めた。


20100913h.jpg


青い空、青い海、オレンジに統一されたかわいい家が連なった旧市街は




たまらんくよかったね。





おそのさん(だっけ?)のパン屋の前から見下ろせる風景がどんなだっかか
忘れてしまったけど、

マジ魔女の宅急便の世界。



宮崎駿監督がここに来て、ここをモデルにしたのかは本当かどうかは分からんけど
ここにきたらインスピレーションをかき立てられるのが分からんでもない気がする。

20100913i.jpg







今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
僕もここに行ったらインスピレーションが湧いてきそうな気がする!
という方もそうでない人もぜひクリックをお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



スポンサーサイト

ドラクエ的な





20100912







「ドブロブニク」




なんだその名前は。
悪役レスラーか毒キノコかなんかか!?



なんとも邪悪でおぞましそうな名前。


バルカン半島にくるまでその名前を知らなかった。










クロアチアにある街の名前で『アドリア海の真珠』と言われるほどの
美しい街並みの世界遺産、



宮崎駿監督の紅の豚や魔女の宅急便のモデルになった場所、

と言う情報を聞き、
これは行かない訳にはいかないと思いやってきた。










ボスニア&ヘルツェゴビナのサラエボからバスで6時間。


ドブロブニクニューバージョン


この地図の黄色い道路で行ったのか定かではないが、何度かボーダーを通ることになり
何度か起こされた。
ただ不思議とパスポートのスタンプは増えてなかった。





バスターミナルに着くとバスを降りる前からモーレツな客引き攻めにあった。
ちょっと値段をさぐってみようと軽く話してみたけどどこも15ユーロは切りそうになかったので
すごい強引な客引きを振り切って、予めネットで調べてた安い宿に行く事にした。



ら、


客引き戦線には一切参加して来んかったのに「もう客引き競争終わりましたよ」みたいなタイミングで
超営業力なさそうなおじいちゃんが話しかけてきた。「うちに来ないか」と。

僕はこーいうおじいちゃんにまーまー弱い。


でもどうやらここから距離があるっぽくて断ったんやけど、車で来てるから乗せてってやるって言うし、
僕が目星つけてる宿もおじいちゃんの家から近いらしいし、
すげー押し強くなく誘ってくるもんだから、まーいっかって思ってOKと言って車に乗り込んだら
車パンクしてた。




で、予備のタイヤに換えるからちょっと待ってくれって言われてマジかよだりーって、
違う客引きんとこ行った方がよくね?ってちょっと思ったけど、なんとなくこのおじいちゃんが気に入ったので
待つ事にした。




っていうかおじいちゃん、なんともタイヤ交換の手際がよくないので

「手伝おうか!?」

って聞いてみたけど、NOって言われた。



けど、なんか割と苦戦してるようだったので手伝ってあげた。




パンクしてたのがイタズラだったのか分からんけど、
そのあと警察寄って「パンク届け」出してから家に言ったのでまーまー時間かかってしまった。



おじいちゃんの家に着いて、目星つけてる宿も見にいきたいと言ったら
嫌な顔せず地図をくれて行き方を説明してくれた。

なんてい人なんだ。



目星つけてた宿の部屋はめっちゃ広くてびっくりするくらいいいとこで
いくら?って聞いたら

2泊で16〜17ユーロって言われて
「安っ!!」

って思ったけど聞き直したら
60〜70ユーロやった。


いくらいい宿でもそんな高いところには当然泊まれるハズもなく
結局おじいちゃんのとこで泊まらせてもらうことにした。








そんで宿も決まり、次の街へのバスも押さえ
ようやく旧市街へと足を運んだ。





20100912a.jpg

20100912c.jpg

港の様子




20100912e.jpg

20100912d.jpg

夕日が沈んでいく景色がとってもきれい







時刻は夜の8時前で普通なら余裕で出歩かないんだけど、
さてわ夜の旧市街もきれいだなって思って行ってみた。





20100912f.jpg

向かう途中の景色が素敵すぎる


20100912g.jpg


旧市街の入り口にはドラクエの城壁があって門兵もいて
中入ってもドラクエの城下町的な感じで

完全にリアルドラクエやんって思った。

20100912j.jpg

20100912h.jpg

20100912i.jpg




夜の旧市街はいい感じに別世界化してたんだけど、びっくりするくらい観光客でいっぱいだった。
旧市街も観光地化してた。

僕は観光地化してる感じがあまり好きじゃないのででそれで少し萎えた。


観光客が全然いなかったらいいのにって思いながらも
自分もその観光客も1人かと思ったらそれ以上何も出てこなくなった。

20100912k.jpg

20100912m.jpg



いい雰囲気を醸し出しとるレストランがいくつもあって、
こんなとこに彼女来たらめっちゃロマンティックやろうなあって思った。


いいムードの中いちゃつく欧米人カップルやめっちゃ旨そうにディナーを囲んでる絵が
独り身で、めっちゃ空腹な貧乏バックパッカーの僕には毒だったので
そそくさと周り、そそくさと帰った。




ここは恋人と来るところだな。

そう思った。









今日も最後まで読んでくれてありがとうございます!
私も恋人と行きたいと賛同してくれる方はクリックをお願いします!
私はもう恋人と行ったよって人は今日はクリックしてくれんくてもいいや。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。