スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾とのお別れ




2月28日



台湾には約1ヶ月半滞在した

普通の国だったら1ヶ月半の滞在とかマジで無理だと思うけど
台湾は観光ビザが3ヶ月あるっていうのと
台湾には藍のおばあちゃんがいて俺達を泊めてくれたっていうことがあって
こんなにも長い期間滞在することができた



台湾のことを振り返ると

もう何度も何度も書いたけど
やっぱり人が優しい、温かい、そしてすごく俺らを歓迎してくれる


そんな印象が強い








そして台湾と言ったらやっぱり”食”

ほんとにいろんな食べ物がある
ほんとにどこにでも屋台があって
どこでもいろんなものが安く買える


オーストラリアにいる時ルルが
私は料理ができないけど台湾には
安い屋台が沢山あるから大丈夫って言っとったけど
ルルがそういうのも納得できる



みんな屋台をすごく利用してる


藍の家の近くにもたくさんの屋台があるけど
平日の昼間からでもすごい行列ができているくらいだ



そしてイメージ的にただただお腹が空いたから食べるっていう
単純な欲望を満たす動作ではなくて
純粋に食を楽しみ、食べることに幸せ・喜びを感じているような気がする


まぁたまたま周りにそういう人がいたからかもしれんけどね。






全体的な物価は東南アジアよりも高いけど
それでも日本よりは安いし
食に関しては屋台とかで食べたら相当安いし
人はみんなフレンドリーだし個人的にはオススメしたい国だね

ただ今回俺らはいつも知り合いの家に泊めてもらうことができたから
よかったけど普通の宿に泊まったら宿代はけっこう高くつくかもしれないけど・・・









あとはやっぱりルルと一緒に周った台湾ショートトリップ


楽しかったと一言で片付けたくはないんやけど

いろんなことがあって色々と考えさせられたけど

だからこそ気づくこともあったし

いろんな人に会えたことは俺の財産だし

実際に楽しいと思える場面も何度もあった訳で

すごい行ってよかったって思う








ショートトリップ、台湾の滞在を経て

俺は自分が思っている以上に周りの人に愛され、支えてもらってるってことが分かった
思っている以上に周りの人に想ってもらってるんだなって思った

こんなちっぽけな自分なんだけど認めてくれる仲間がいることが分かった

すごく嬉しくて、すごく有り難くて心をハグしてもらうような感じになった



でも前にも書いたけどやっぱり与えられっぱなしじゃなくて
これからは自分も与えられるようになりたい



まわりの大切な人を愛し、支え、想っていけるようになりたい




なんか最終的に台湾のこと関係なくなっちゃったけどそんなふうに思った






スポンサーサイト

それぞれの道へ

2月26日

IMG_6955.jpg






ルルに続き尚吾が今日フィリピンに向かった


英語のスキルを高めるために。
尚吾自身の旅をより充実させるために。









約2ヶ月ぶりに背負うフル装備のバックパックはものすごく重そうだった

今回アウターを日本に送り返したしけっこういろんな物を捨てて
かなり軽量化されたハズなのにそれでも目標値の15キロを3キロもオーバーしてて
「くそー」とか言っとった


IMG_6958.jpg

IMG_6960.jpg





尚吾は行きたくねーとか言っとったけど
重い重いバックパックを背負い、自分の目標に向かって旅立つ尚吾のうしろ姿は
たくましく見えた



尚吾から英語の勉強のためにフィリピンに行くって話を聞いた時
正直羨ましかった



俺だって尚吾と同じようにもっと英語話せるようになりたいって、
話せるようになってもっといろんな人と深い話をしたいって思っとるから
すげーいいなって思った



っていうか尚吾はすでに俺の何十倍も話せる訳でどっちかっていうと
俺の方が必要なくらいなんやけど
先に尚吾がその道を選び真剣に英語の勉強しようとしとるのに

「俺もそれいいと思うでついて行きたい!」

なんて言えんし
この金に困っとる中、更にお金を費やして英語の勉強するほどの意欲はないし

それに費やすよりはその資金を旅に使いたくてモンゴルに行く道を選んだ訳なんやけど
それでも尚吾が羨ましいことに変わりはない





MRTに向かう途中

「次会うときは俺ペラペラになっとると思うよ」

と尚吾



2ヶ月間ずっと英語漬けな訳やし
いろんなものを失う覚悟で尚吾がその道を選んだ訳だから
尚吾がやり遂げれん訳がない

ほんとにとことんやるに決まっとる

決めたことに関してはとことん貪欲に努力し続ける男だから、尚吾は。




次に再会するであろうインドの公用語は英語だから
次会った時尚吾はものすごい英語力を見せてくれると思う


IMG_6961.jpg



SHOGO、加油!!


IMG_6962.jpg

IMG_6963.jpg


また会う日まで

2月24日





今日ルルは遠い遠い、遠くの国へ行ってしまう




次はいつ話せるか
次はいつ会えるか分からない




だから旅立つ前にたくさんたくさん話しをしようと思ってたんだけど
言葉が出てこなかった









出発前にお昼を食べたけど

これがルルとの最後の食事だと思ったらとっても哀しかった



今日でルルがいなくなってしまうことを思ったら
涙が溢れてきた


でも空港とかでやったら泣いても
そんなに変じゃないけどご飯食べてる最中に泣き出したら
超カッコ悪いと思って我慢した


途中で我慢できんくなって
トイレかリビングに逃げようかと思ったけど
目を赤くして戻ってきて隠れて泣いてたことがバレたら
気持ち悪いって思われると思って我慢した



涙をこらえる顔を尚吾や藍に見られたくなくて
ずっとあっちの方を向いてご飯を食べた




ルルに話しかけられたけど
ルルの顔を見たら100%泣いちゃうと思って
あっちの方を向いたまま素っ気なく答えてしまった


元々小食な俺やけどいつも以上に物が喉を通らんかった







出発の時間になり大きなスーツケースと
大きなバッグを手分けして持ち空港に向かった


MRTまで行く途中
俺はルルと一緒に歩いたけど
やっぱり何も言葉が出てこなった





MRTで台北駅まで行き
そこからバスに乗って空港に向かった







もう少ししたらルルは行ってしまい
そしたらもうずーっと当分会えなくなってしまう

その事は分かっていたけど実感はわかなかった



空港に向かう途中でも泣きそうになってしまったけど
空港まで行ったらおもっきり泣こう!って思って我慢した



でもいざ空港に来たらサラっと引いてしまった





前日からスーツケースが20キロを超えないかすごく心配していたけど
軽量したら22キロとかだったけど
追加料金のこととか言われずにパスできて喜んでいた


チェックインが済んだらそのまま
2階に上がりお別れの場所に来た



最後にルルと尚吾と藍で話してたんだけど
俺はその輪の中に入れんかった


なんでかわからんけど


最後だって言うのに何をやってるんだろうね。ホントに、俺は。




1時間でも2時間でも話したいって思ってるのに
目の前にいるルルに話し掛けることができなかった



そしたらあっという間に搭乗する時間になり
ルルとハグをした



ルルより先にモンゴルに行けばよかったって言ったら
オーストラリアでSALを送る時は私もすごく哀しかったんだからこれでフェアだよって言われた



ルルには本当によくしてもらい
すごい感謝の気持ちでいっぱいだったので



その気持ちを伝えて



そして別れた









ルルは飲まないとテンションが上がらない俺達にいつも活力を与えてくれたし
旅人のくせに引きこもりな俺達をいつも外に引っ張り出してくれた


なんかルル旋風で俺達のペースをかき乱すんやけど
俺達はそれが嫌じゃなかった


ルルとは毎日一緒にいた訳じゃないけどいつもいつも一緒にいたような気がする






旅に別れは付き物だし

別れるからまた新しい出会いがあるんだし

別れるから再会できるんだけど



でも

やっぱり別れは嫌やなー









ルル、元気でね


またそのあどけない顔を見れる日を楽しみにしてるよ





IMG_6940.jpg



ん??

どうして自分はこんなにもちっぽけなんだろう




情けないよ





自分のことは好きだし
自分を否定した所でなにも始まらないとは思うんだけど



時々自分が嫌になる




自分をやめたくなる




自分の感情を表に出さないことはできるけど

自分の中に生まれる感情は自分ではどうすることもできない


そう思ってしまう、感じとってしまう自分がとっても嫌だ








でも


だからと言ってどうすればいいんだろう??




お坊さんのように

仏さまのように

無を目指せばいいんだろうか

空を流れる雲のごとくもくもくと生きていけばいいんだろうか







何も感じとらなくなれば
きっと今よりは楽になるだろう





でもそれって正解なんだろうか?

果たしてそれでいいんだろうか








今年の目標の全てのことに120%を注ぐ・自分の気持ちに素直に


SALのテーマの喜怒熱哀楽に


おもってきり矛盾してる気がする








いったい



どうすればいいんだろう



モーリングス再び

2月20日



昨日聖子が帰り、今日ルルが淡水の家にやってきた
大きな大きなそしてめちゃめちゃ重いスーツケースを持って。





IMG_6919.jpg







ルルは英語力をもっと上達させるために24日にアイルランドに行く
それまでの3日間またルルと過ごすことになった





俺ら3人とルル

一つの空間に俺ら4人だけ



俺の人生の中で1番自由で1番幸せたっだかもしれない

オーストラリア・モーリングスの時の生活が思い浮かんだ





このまま時が止まってくれたらいいのに・・・



そう思った



IMG_6922.jpg





main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。