スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常と非日常

2009年12月26日


世界一周に出発する前、世界一周のスタート地点に立てたことを
非常に嬉しく思ったことを覚えている
おかしいけれど
世界一周に旅立てることにすごく満足していた

ただお金を貯めて会社を辞めて準備するだけなのに。
まだ1歩も踏み出してなかったのに。




旅に憧れていた

いろんな国に行き、いろんなものを見、いろんなものを食べ
いろんな人に出会い、仲良くなる

そんなんを想像し最高にカッコ良く思っていた

毎週見ていた訳ではないけどウルルンが好きだった
現地の人と現地の生活をし、現地の人と同じものを食べ、現地の人と遊び
現地の人と笑い、現地の人と仲良くなり、現地の人と涙する
そんなんがよかった
他の海外もののTVも好きだった


”旅”したいって思って、単車で北海道や九州をまわったりもした

普段本なんてほとんど読まなかったけど旅の本だけは読んだ
それがまた俺の好奇心を刺激し、さらに旅に興味をもっていった
旅本を読めば読むほど旅をカッコよく思い憧れていった

中でも高橋歩の本は衝撃的で
まるで魔法にかけらたように”旅の虜”になっていたような気がする

俺はとりつかれたかのように旅に向かって歩きだした






そして俺は旅に出た

オーストラリアでの語学学校を終え
ニュージーランド、オーストラリア、シンガポール、マレーシア、タイ
ラオス、カンボジア、ベトナムを旅した

旅に出て4ヶ月が経とうとしているけど
なんとなく、あんまり、旅をしているっていう実感がない

日本にいる時とあんまり変わらない

もちろんまわりの環境は日本とは全然違うから
いろんなものが刺激的であったりするんやけど

不安になったり、緊張したりびっくりしたり、
わくわくしたり、ドキドキしたりはするんやけど、

場所が違うだけで

そこには俺がいて、俺の生活がある


うまく表現できんけど旅に出てもそこには当然のように日常があった




高橋歩の本を読み、旅に憧れた
他にもたくさんの旅本を読み
テレビを見、人から話を聴き、
旅にあこがれていた


恋に恋するように旅に恋をしていた

今思うとそんな感じがする

旅をしたら
とんでもない非日常が待ってると思ってた


でも「非日常」を求めてやってきた海外にも
当然のように「日常」があふれていた


「非日常」であるハズの海外に居ながら
知らず知らずのうちに
「非日常」を求めていた


旅先でも旅本を読み

旅をしているにも関わらず

旅をしたいと思った



自由に旅をしていながら自由になりたいと思った



今俺はいったい何をしてるんだろう

俺は今旅をしてるんだろうか

そもそも旅って一体なんなんだ


辞書によれば
住んでいる所を離れたらそれを旅と言う、らしいから

今海外にいる俺は旅をしていることには違いないんやろうけど
果たしてこれは俺の求めてた旅なんだろうか



俺は何を求めてここにきたんだろう
俺は何故今ここに立っているんだろう

俺はどこからやってきてどこに向かうんだろう

俺はここで何を得て
そして何を失うんだろう


俺は・・・。


メコンの川に沈む夕日を見ながらふとそんなことを思った

スポンサーサイト

ラオスの夜



昨日ラオスに着き、宿も決まり
夜、ブログを書いていると尚吾から電話がかかってきた


「昔日本に住んどったラオスの人と出会って飲みに行くことになったんやけど
 愛二も行かん?」



なにそれ?
なんでいきなりラオスの人と知り合っとんの??
すげーおもしろそうやし!


ってことになって書きかけのブログをほっぽって尚吾たちのもとへ向かった



尚吾たちと合流すると
そのラオスの人も友達を呼んでて5人で飲むことになった



尚吾たちが出会ったラオスの人はヨウさんと言い
前に日本に17年くらい住んでいたそうで日本語がペラペラだった


ヨウさんの友達はオウさんと言い
日本語は全然しゃべれなかったけど
英語が少し話せたので俺たちは英語で会話をすることができた



ヨウさんは英語を話せなかったので
俺ら5人の間では
日本語と英語とラオス語がとびかいちょっと奇妙な感じだった



ヨウさんが飲みに連れてってくれるってことで
尚吾と二人、ヨウさんのバイクのうしろにまたがった


前もちらっとブログに書いたけど
こっちではノーヘル3・4人乗りは当たり前だ



3人乗りでさすがにあんまりスピードはでなかったけど
吹き抜ける風が涼しくて気持ちよかった








ヨウさんに連れてってもらったお店は


「しんちゃんレストラン」


っていう日本のシンイチさんが
やってそうな、でも全然関係ない純ラオスのお店だった





当然お客さんは地元のラオス人ばかりで
お店の中に入っていくとすごいものめずらしそうに見られた





席に着き早速ラオスのビールを頂いた


ラオスではビールがあんまり冷えてないためか
ビールに氷を入れて飲むのが当たり前らしい



1107a.jpg




氷が入って若干薄かったけど、それでも
重い荷物を1日背負って歩いて水分を失っていた俺らにはおいしく
ガブガブ飲んだ



ラオスではボーイが席の近くにいて
グラスがあいてくるとすぐに
キャバクラのお姉ちゃんみたいに
お酒をついでくれるからびっくりした




ヨウさんはラオスの食べ物も注文してくれ
屋台ばっかで食べてる俺らじゃ食べれんような
物も食べることができた


3皿出てきてどれもすんげーうまかったけど
どれも信じられんくらい辛かった





1107b.jpg






でもその辛さがよりビールを進ませた



途中もう一人ヨウさんの友達が加わり
いい感じでお酒が入ってきたくらいに


ヨウさんが次の店に行こうと言って
移動をした



次に連れてってくれたのは
ラオスのクラブだった
ヨウさんは普通にディスコって言っとったけど・・




ラオスに来てすげー田舎やなって
これが首都なのかって感じやったけど

クラブがあってちょっとびっくりした




そこで俺らはまたいいぐらいにビールを飲んで踊った









俺らだけやったら絶対行くことのなかった地元の人たちが行くような
レストランやクラブに行って、地元ラオス人と飲むっていう貴重な体験をした


こういうのが旅のおもしろみの一つだと思うし
これからもこういうことを経験していけたらなって思う




1107d.jpg



1107e.jpg

ラオス






早川愛二、26歳。
彼女いない暦はけっこう長い。



なかなかモテない俺だけだけど
最近モテ期なんじゃないかと勘違いしちゃうくらい
よく声をかけられる









オカマから。







IG・・・
IG・・・



名前を聞かれて答えちゃったもんだから
連呼される



向こうはおばちゃんたちと酒を飲んでいて
こっちに来て一緒に酒を飲めとしつこく誘ってくる



俺は音楽を聞いて聞こえないフリをしていたけど
なぜか最終的にはトイレに誘われた



そんなオカマの猛攻と寒さとケツの痛みに耐えながら
11時間30分の
長い長い電車の旅を経て
古都アユタヤから
タイとラオスの国境の町、ノンカイにやってきた



(ケツの痛みっていうのは長時間座りっぱなしだったからだよ。念のために言うと)






今までの経験上、国境の町っていうのはある程度栄えとるって言えて
このノンカイもそうだと思ってたけど
ほんとになんにもない田舎だった


ここで情報収集でもしながら一泊して
今後の予定を立てようと思っとったんやけど
町にあまりになんにもなさ過ぎて
ここにいるよりは一気に
ラオスの首都ビエンチャンまで行っちゃった方が良さそうってなって
そのまま一気に国境まで向かった




陸路での国境越えもそろそろ慣れた頃で
今回は歩いて国境越えに挑んでみた


けどそれは普通にできんかったので
バスで国境越えをして


そしてやってきました





6カ国目、ラオス




6カ国目にして初のSAL3人での国境越え


なんてことない事なんだけど
一つの記念になる





タイに10日くらい滞在して
すーっかりタイ慣れしとったけど


国境越えとかも少し慣れて
その時にはあんまり感じんかったけど



ラオスに来て、
ラオスの街を歩き、
タイとは違う顔つき
わかりはしんけどタイ語とは違う言葉
そしてやはり違う雰囲気を感じ




あー
また違う国来たんやなって思った


また自分の世界一周歴に一つスタンプが
押された気がして嬉しかった




国が変わり、当然通貨も全然違ってて
今まで30バーツで食べれたタイ風ラーメンが
7000キープになっちゃうもんで
マジびっくりした
超高く感じた


1000バーツ両替したら251,000キープになるんやもん
通貨慣れすんのにまた時間がかかりそう・・・






旅に出る前から
東南アジアに来るのを楽しみにしてた
なかでもあんま普通の観光客が行かんそうな



このラオスとミャンマーが楽しみだった



変に観光地化してなさそうで
都会都会っぽくなくて
もろに人の生活やら
温かみなんかが感じれそうで
楽しみだった




ただ今日やってきて
まだちょっとしか歩いてないんやけど
ほんとにびっくりするくらい田舎ってことがわかった



ここが首都なの??って
中津くらいじゃん!って
思った



明日はメコン川に行ってみようと思います




main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。