スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湖に沈む夕日と崖の上に建つ教会とマケドニアン美女と

***現在カナダのバンクーバーにてせっせか働いてお金貯め中です***



20100825


別行動をとっていた藍とはイスタンブールで会う予定だったけど、
藍が予定よりも少し遅れそうということだったのでブルガリアからイスタンブールへは行かず、
マケドニアに行くことにした。


元々バルカン半島は(日程、資金的な理由で)行くつもりじゃなかったんだけど
たいして物価が安いわけではないイスタンブールでだらだらと藍を待つよりは
将来的に考えてももう行くことはないであろうバルカン半島に行っておきたい、

って思ってマケドニアに行くことにした。
マケドニアってアフリカの国だと思ってた。




マケドニアのスコピエにやってきたのは
早朝の4時だった。

スコピエは首都なのでさすがに1泊ぐらいはするつもりでいたけど


バスターミナルに着いたときに癖で次の目的地までのバスの時間と料金を聞いたら
1時間半後に出るっちゅうことだったので
それならこのまま行ってしまおう!と、勢いでバスチケットを買ってしまった。





そんな感じで首都をスルーしてオフリドにやってきた。
バスターミナルに着くなりすごい数の客引きに声をかけられた。


すごいエネルギーのある客引きは東南アジア以来で
なんだか小懐かしい感じだった。


東南アジアにいたときに着いた習癖なのか
元々の僕の性格なのか分からんけど、

客引きってぼったくってくる気がしてハナっから信用できない。


でも他に特にアテもないからとりあえず話を聞いてみる。



でも話を聞いてみてもここの相場がよく分かんないし、高いのか安いのかも
分かんないから一緒に来た乗客とかの様子を見てみるんだけど



いないんだよね。大体。



なんで他の乗客って目的地に着くと足早にどっかに消えてくんかなー?




新しい街に着いたときこっちは右も左も分からん状態で不安でいっぱいだから
他の乗客が残っててくれたら少しは安心するんだけど

目的地がみんなちゃんと決まってんのか
気づくともういないんだよねー。







「私の家においで。ここから5分で着くし、ビーチと旧市街には5分で行けるわよ」

「コイツらはウソついてるわよ。コイツん家からビーチまでは15分はかかるわよ。私の家に来なさい」




商売敵だから仕方ないんだろうけど、お互いものすごくけなし合ってておもしろかった。
結局僕は1番英語が上手で1番押しの強かったクリスティーナ、マリア親子についていくことにした。




オフリドにはホステルとかがあるんかどうか分からんけど
その人の家の一部を借りる”民泊”が一般的なようだった。

僕は6ユーロで地下にあるツインベッドルームに1人で泊まることができ、
最近のドミトリー生活から比べるとかなり満足だった。






クリスティーナのお家には僕の他にも数組の客が泊まっていて
その中のゴランくんというマケドニア人がビーチに誘ってくれたので一緒にビーチに行った。



ビーチって荷物とかも気にしなきゃいけないし、あんまり1人で行っても泳ぐ気になれないから
誘ってもらえたのは有り難かった。




オフリドはジブリ映画のモデルになった場所的なことを聞いていたし、
湖と関連してか勝手に殺伐とした静かなところだと思っていたけど


湖沿いは完全に観光地化されたリゾートだった。




赤や緑のビーチパラソルがところ狭しと並び、おそらく休暇を楽しみに来たであろうヨーロッパ人が
バカでかいソフトクリームを食べたり、ピッツァを頬張りながらビールを飲んでいた。



ふぁっきん金持ちヨーロピアン!






石畳の旧市街を通り抜けるとビーチに着いた。

マケドニア6


正確に言うと海ではなく”オフリド湖”だし、砂浜もないんだけど
海水浴(?)や日光浴を楽しめる場所だからビーチってことでいいんだろう。

マケドニア1

マケドニア2




オフリド湖の水はけっこう冷たかったけど泳げないほどじゃなかった。
泳ぐのはあの”ガンガー沐浴”以来だったし、
まわりには若い女の子もたくさんいて楽しかった。



したら僕の目線がバレたのか分からんけど、
ゴランくんが僕がよく見てた3人組みの女の子に話しかけてくれ(ナンパというんだろうか?)
一緒に泳いだりした。

マケドニア4



ありがとう、ゴランくん

マケドニア3








ビーチへの行きでも帰り道でもゴランくんがが所々でその場所の説明や歴史的背景を教えてくれた。

マケドニア5

英語だったので100%は理解できなかったけど、
やっぱりそういう知識を得れると興味や関心も違うしおもしろい。

その上帰り道ではケーキとエクレアまでご馳走してくれて
ホントによくしてくれてありがとう、ゴランくん。







マケドニア8


オフリドはその素敵な湖と中世の建物が残った旧市街が複合遺産として世界遺産登録されており
夕方は聖ヨヴァン・カネオ教会教会を見に行った。




広い湖の真ん中にポツりと建っているかのような教会、
湖の向こうに沈んでいく夕日が映画かジブリのワンシーンのように素敵だった。

マケドニア10



あんまりこういう感覚は少ないんだけどけっこう指折りに入るぐらい好きな感じで
陽が暮れるまでずっとそこにいた。

マケドニア11













にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


***************************************************


Skopje(スコピエ)    →    Ohrid(オフリド)

     バス  5:30    →    9:00   450MKD



マケドニア12

ここのパン屋さんのパンが感動するほどうまい!


マケドニア13

マケドニアで1番うまいビール!!スコスコ!
 
スポンサーサイト
main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。