スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーノと呼ぶ男

なかなかブログを更新できずにいますが今もまだカナダのバンクーバーで働いています。
もう1年も前のことですが書ける限り更新していきたいと思います。






20100828




ギリシャのテサロニッキからやってきたのはアルバニアの首都ティラナ。

テサロニッキのアルバニア人街にいたとき、他とは明らかに違う空気が流れていて
違和感を感じた。
アルバニアに向かう人達はみんな死んだ魚みたいな青い目をしていた。



ティラナに向かうバス。
みんながみんなして大声で話してたりバカ笑いしてたりしてうるさかった。


僕は1人ぽつんと大人しく座っていた。
アルバニア人はヨーロッパでもめずらしくイスラム教徒が多い。

はずだけど、イスラム教徒特有のめんどくさいくらいのフレンドリーさは一切なく
誰も僕も話しかけてこなかった。

彼等にはあまり好感を持ってなかったのでそれでよかった。





アルバニアのティラナに着いたのは朝の6時。

目星をつけていたホステルに行き、ちょっと昼寝をしたあと街を歩いた。









0828a.jpg


道に落ちていた遊戯王カード。
こんな遠く離れた国にまで日本のカードが流行ってるなんてびっくりした。
でもこんな最強のカードが道に落ちてていいのか!?








0828b.jpg


道案内をしてくれた少年たち。
最後に1人の少年が道案内したからお金頂戴と言い、残りの2人の子が

「やめろよ、お前!そんなみっともないこと言うなよ」

って止めていてかわいかった。
こんな澄んだ子たちもいるんだね。


でも教えてくれた道は間違っていた。











IMG_1136.jpg


アルバニアはマザーテレサの故郷。










IMG_1155.jpg


自称10ヶ国語を話せる少年。
10ヶ国語も話せるんなら物売りよりもっといい仕事があると思う。












ティラナの町はこれでほんとに首都なの?ってくらい小さかった。




IMG_1127.jpg


街は工事でガタガタだし、
宿の人に教えてもらった観光場所はほんの1~2時間で回れてしまった。














よかったのはやっぱりマーケット。



どの国にもあるし、大体一緒なんやけど
でもなんとなくマーケットの雰囲気が好きでついつい覗いてしまう。


IMG_1144.jpg

IMG_1145.jpg

IMG_1146.jpg

IMG_1147.jpg

IMG_1148.jpg










マーケットに足を踏み入れるや否や



「チーノ!おい!チーノ!」


と連呼してくる奴がいた。


チーノっていうのは中国人のことを指すのか黄色人種を指すのか
差別用語なのかどうなのかはよくわからん。


ただ南米なんかを歩いているとよくチーノとバカにされるらしい。
僕がチーノと呼ばれたのは今旅初めてだった。




「おい、チーノ!チーノ!
 そうだよ。お前だよ。お前ちょっとこっち来いよ」



南米やらアフリカでこんなこと言われたら間違いなく行かないだろうけど
彼は差別用語として使ってるわけではなさそうで、単純にめずらしい黄色人種に興味をもってるような感じで
僕を手招きした。




彼は僕を呼びつけるなり

「まぁ、ここに座れよ」

と言って僕に腰をおろさせた。



彼は英語が話せるわけではなく
僕を呼んだわりには何か話してくるわけでもなく

ただ嬉しそうに僕の方をみてはチーノ、チーノと連呼していた。






会話が成り立たないので行こうとすると僕を呼び止めては


「ちーの、いいから座れよ。
 もうちょっとゆっくりしていけよ」

と強引に引き止めた。


彼はマーケットで果物を売っていたけど、一切僕に売ろうとはしなかった。
商売ではなく単純に珍しいチーノに興味を持ったらしい。




彼の顔が僕の友達によく似ていたので
写真を取らせてくれって言ってデジカメを出したら


僕のデジカメに異様なくらい興味を持ち、僕から半ば強引に奪い取り、
やたら自分を撮りはじめた。




自分撮りを5~6回繰り返したあと



「チーノいいなぁコレ。くれよ」



って言ってきた。




その強引さがまた友達に似ていて僕は1人で笑った。






「なぁ頼むよ。チーノ。
 くれよ。一生のお願い!!」


「嫌やし」



なんで会ったばっかの奴の一生のお願いを俺は聞いてやらんといかんのやよ。

大体なんでお前は会ったばっかの奴に一生のお願いができるんやよ。












「わかった。


 じゃあ20ユーロ払う。


 それでいいだろ!?な!?な!?」







「アホか、なんで俺の大事なデジカメをおまえに20ユーロで譲らなかんのやよ!」





「チーノ、、お前コレいくらで買ったんだ?」



「200ユーロだよ」




「200ユーロ!?いいやつ(カメラ)やな」




「・・・分かった、それなら50ユーロ払う」





「いやいやいや50ユーロでも嫌やし」





そんなやりとりをしばらくし、必死に引き止める彼を押しのけ
僕はその場を去った。


めちゃワガママで憎めないところがMそっくりでおもしろかった。


IMG_1140.jpg













アルバニアには2、3泊してもいいかなって思ってたけど
1回街を歩き回ってしまったらまったく興味が失せてしまい、

翌日僕はティラナを発ち、スコドラで乗り合いタクシーに乗った。







IMG_1168.jpg


つい橋を渡る前まではアルバニアは小さいながらも普通な感じだと思っていたけど、

橋を渡るとそこには同じ国とは思えないくらいボロボロな家が並び、
ボロをまとった貧しそうな人達の住処があった。



首都に行き、観光名所だけまわったら次の国へ。


ではなく、こんな風な飾り気のない場所を
自分の目で見て、自分の足で歩かないとその国の本当の姿は見えないんじゃないかって思った。



でも運転手に車を止めてもらい、そこで降りる勇気はなく
僕は上着も靴もない少年たちを窓から眺めていた。





僕と白人3人を乗せた乗り合いタクシーはモンテネグロに向かった。






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



***************************************************


ギリシャ テサロニッキ → アルバニア ティラナ

20:00-翌6:00 バス 25€


バス会社がいくつかありますが値段はまちまちです。
交渉次第ではもっと安くなるかもしれません。






アルバニア ティラナから

ULQINまで(直通バス)  6:00-10:00 15€
BUDVAまで(直通バス) 6:00-11:00 25€

SHKODERまで(ミニバス) 400lek
SHKODER → ULQIN(乗り合いタクシー) 10€
          ULQIN(ローカルバス)    5€

宿の人に教えてもらったホテル兼トラベルエージェンシーは潰れていたけど
SHKODERからULQINまでローカルバスが出ており、もっと安く行くことが可能です。



スポンサーサイト
main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。