スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

え?リュブリャナの街については?

20100915




ドブロブニクをあとにした僕はクロアチアの首都ザグレブに行った。
ここも中世の建物が残っていたけどドブロブニクを直前に観ている僕にとっては大して魅力的ではなかった。

そんなことよりも宿の近くにチョコレート工場があって滞在中ずっとショコラ臭かった。



ザグレブの次は電車でスロベニアの首都リュブリャナに向かった。


電車の隣の席は偶然にも日本人で僕に話しかけてきてくれた。
若林さんと名乗るおっさんは昔から旅が好きで、若い時はバックッパカーとして
今は短期でちょくちょく海外を周遊しているそう。

中でもアフリカは8〜9割の国を網羅しているそうでかなりの強者だ。
そのことには単純にすげーって思ったけど、
その後も若林さんの若かりし頃の武勇伝なりなんなりをリュブリャナに着くまでの3時間強
永遠と聞かされたのはちょっとしんどかった。


若林さんといいモルドバ、ルーマニアで出会った小林先生といい
日本人中年男性に縁があるみたい。




今回は短期旅行っぽいし、どうやら今は仕事でもけっこうでかい会社のけっこうお偉い地位に就いてるっぽいし、
若い頃は自身も貧乏バックパッカーとして奮闘してたっっぽいし、
彼の話を3時間永遠と聞いてたし、

リュブリャナに着いたらご飯の一つでも奢ってくれるんじゃないかなって
思ったけど、着いたら着いたでめっちゃあっさりさっぱり「じゃあ、よい旅を」言われてしまった。






新しい街に着いて一番はじめにすることはその国の通貨と宿の確保。
でも東欧ら辺なんかは場合によっては1泊しなくてもいいかなってなるときもあるので
まず次の街までの移動を確保する。夜行があれば夜行で行くし、そうじゃなければ1泊するしって感じ。


で、この時も夜行があれば夜行で行きたかったんだけど、朝発しかなかったので
朝発の電車を予約した。

したら宿もとらなかんなーって思ったんやけど、6:50AM発の電車だったので
せっかく宿とるのに朝早くに出るのとかもったいない気がしてきて

で、なぜか野宿することにした。




20100915b.jpg

20100915a.jpg

20100915.jpg

20100915d.jpg

20100915c.jpg

20100915e.jpg

20100915f.jpg

20100915g.jpg

20100915h.jpg

20100915i.jpg

20100915j.jpg








9月のリュブリャナは寒い。

全然寒いし、完全に寒い。


野宿なんて決めこむんじゃなかったって思ったけど、
今更宿をとる気にもなれずどこか寝れそうな暖かい場所を探した。


駅近辺に無料で寒さを凌げそうなところはなく
仕方なく駅のコインロッカーで寝ることにした。

いやいや、コインロッカーの中じゃなくてコインロッカールームね。




地面のコンクリとか超冷え冷えでマジ寒かったけど、
屋根があんのと一応壁がある分外よりはマシかなだった。





それにしてもコインロッカーで寝るとかw
ここまでくると若干ホームレスレベルだよね。
っていうか実際に駅にホームレスいたしね。





っていうかホームレスらしき先客が僕が着た時すでに奥で寝てた。
でもカメラついてんのかわからんけど途中で警備員みたいな人が来て

「ここで寝るんじゃない」って言われてどっかに連れてかれてた。






僕なんかも荷物広げて居座ってて完全に今夜泊まっていくよオーラ出てたと思うけど、
大丈夫だった。

適当に荷物整理し終わったら横になって寝ようと思ってたから危なかった。





警備員に連れ出されたらどうしよーもないと思って
体育座りして寝た。


ただ僕昔から体育座りで寝るの苦手でなかなか寝れなかった。

そしてモーレツにお尻が冷たかった。

あと寒い。



しんどかったけど、翌日電車で寝ればいいやって思って耐えた。







しばらくしてよーやくウトウトとしてきた頃に誰かが来て
僕の眠りを妨げた。

警備員かなって思ったら2人のインド人だった。



1人は来るなりバックパックから寝袋を取り出してコインロッカールーム内で寝だした。



ここで横になって寝ると警備員に連れてかれるよーっていう僕の懸念をよそに
ぴゃっとやってきた警備員に

ここで寝るんじゃないって起こされてた。



でもその彼は起こされて1回は起きたけど
警備員が去ってからまた寝てた。


強い、


強いねー。


旅人はこれぐらいのタフさを持ってないとダメなんだろうなーと小心者の僕は思う。






もう1人のインド人は食事をしだした。



おー、夜中の4時から食事か。



食パンとチーズとハムをとりだしてサンドイッチを作ってムシャムシャ食べ始めた。


「食べる?」と言ってサンドイッチとバナナを差し出してくれたけど
僕は練る前に歯を磨いたあとは一切ものを食べない主義なのでほんとはお腹空いてて食べたかったけど丁寧に断った。

インド人は優しい。





僕は旅中のスーパーの袋を集めるのが好きなんだけど、
その中でもインドのmoreっていうスーパーの袋が最高に高品質だったのでお気に入りで使っていた。

それを見た自国大好きインド人が食いつかないハズはなく

「え?何?君、インド行ったことあるの?」


とインド話が始まった。




眠てーんだから寝かせてくれよって思った思いながらも話をしていたら
いつの間にか話が脱線して宗教の話になっていた。

ただでさえ難しい話なのに英語でいろいろ言われて全然分からんかったので
タイミングを見計らって話を抜け出した。





早く眠りにつきたいと思いながらもそなかなか寝つけずなんなとなくウト、ウトするくらい。


そんな感じで朝まで過ごし、
やっと寝れるーっ思いながら6:30AMに電車に乗り込んだ。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}
スポンサーサイト
main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。