スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無謀?




「3Gの街」とか
「東洋のパリ」とか
「沈没」の街とか

いろんな呼び名といろんな怪しい噂を持つ
カンボジアの首都でもあるプノンペンを1晩でやり過ごし
俺たちは尚吾の待つベトナムの首都

ホーチミンに向かった



プノンペンの宿で予約をし得意の長距離バスでの移動

予約をする時に

9ドルのオールドバスと10ドルのベターバスと14ドルのVIPバスがあると言われ
ほんのワズカだけれども1ドルを攻め
俺たちは9ドルのオールドバスをチョイスした


もののオールドバスはすでにいっぱいで10ドルのベターバスにするしかなかった
カンボジアでのベターバスってどんなレベルなんやろうと思っとったけど

実際乗り込んでみるとけっこう豪華なバスだった
まず第一に全体的にきれいやしトイレもついてるしカーテンとか新品やし
テレビとか液晶やしエアコン効いてて快適やしシートもゆったりやし
ミネラルウォーターがついてくるし
なんかしらんけどガイドさんまでついてて
その人は中年のおっさんやったけど出入国の手続きもやってくれたしすげーいいバスやった


1208a.jpg





ホーチミンまでは6時間かかると言われてて
こんないいバスならもっと乗っててもいいなぁって思ってたんだけど
ちゃっかり6時間で着いてしまった

1208b.jpg

1208c.jpg

1208d.jpg





そしてやってきた
8ヶ国目の国ベトナム


ベトナムは単車とアオザイってイメージ


とにかく単車が多いと聞いていた
でも普通にタイとかカンボジアでも多かったからそんなに変わらんかもなって思っとったけど
実際来てみるとめちゃめちゃ多かった

道はホントに単車だらけ

そんなにいっぱい走っとったら頻繁に事故起こるんじゃねーかってくらい
単車、単車、単車で溢れかえっている


信号待ちとしてるとそりゃもうどばーって単車が並んで
暴走族の集団みたいになってる
メットもつば付きやしみんなマスクしてるし

道路渡るのとかけっこう命がけな感じ




そしてチャイナドレスっぽい感じで体のラインが出てちょっとエロちっくなイメージで
楽しみにしていたアオザイ


は、誰1人着ていなかった


ベトナムの人の着物的な感じで普段は着ないのかもしれない


ベトナム第二の首都ホーチミンは思った以上に都会で
ギラギラしてて欧米人観光客もたくさんいてびっくりした

なんでもホーチミンは「東洋のパリ」と言われるらしい





ん?



なんかどっかで聞いたことある気がするな







ホーチミンに着き、すでに来ている尚吾と合流することに

尚吾は待ち合わせをする交差点の角にある目立つカフェをあらかじめ写真に撮って送ってくれてたので
スムーズにそこに行くことができた

やっぱりできる男は違うよ。



ただ残念ながら待ち合わせ場所に行っても尚吾はいなかった

まあ予定よりも早かったし新しい国でいろいろと観察してるのがおもしろかったので
気長に待つことにした



ただ時間を過ぎても尚吾は現れず

知らないうちに俺たちは人力車「シクロ」の運転手のおじさんと仲良くなっていた





1208e.jpg




1208f.jpg






おじさんのシクロに乗って見たりおじさんたちにベトナム語を教えてもらったり
しながら尚吾を待ってたけど尚吾は現れなかった

メールで尚吾は風邪をひいてダウンしていることを知り
何度も電話してみるがこういうときに限って通じない


尚吾には俺たちの宿をとってもらってあってので
なんとか尚吾に会いたかったけど

このままだと今日中には会えない可能性も出てきた


俺たちに残された手段はただ一つだった

絶対にやりたくなかったけどそれしか方法はなかった

だけど

俺はクチに出すことができなかった


クチに出したのは藍




「こうなったら宿1軒1軒聞いてまわるか」






マジかー!!!



めちゃめちゃ宿あるんやぞー




でもその道を選ぶしかなかった




俺たちは尚吾の泊まってる
宿の名前も住所も知らなかった





そんなの絶対に無理やーと思いながらも




無謀なことに挑戦するのとか
ちょっといいかも

とか思いながら


これを乗り越えて尚吾を見つけたらマジ熱い!!

とか思ったらなんかやる気が出てきて

尚吾あてに置手紙を残し探しに出かけた




俺らはある程度思考が似てきてるから
宿を選ぶ感覚も似てるだろうし


意外とさらっといけちゃったりしんのかなーって
思いながら探していると


途中で政府公認の観光客案内人みたいなワッペンをつけた
おばちゃんがやってきて
いろいろと安い宿を紹介してくれた

でも事情を話すとここら辺には100軒くらい宿があるから
見つけるのは不可能や

今日は安い宿に泊まって明日電話なりメールなりをして
明日会った方がいいって言ってきた


そのおばちゃんだけじゃなく
聞いてまわる宿の人たちもやめておけって言ってきたんやけど


俺たちには地道に1軒1軒聞いてまわるしかなく
聞き込みを続けた








20軒以上まわるが尚吾を発見できない

重い荷物はどんどん肩に喰いこんできた

しかし時間はどんどん過ぎていき

もう一度待ち合わせのいく時間になってしまった



待ち合わせの場所に戻ってみるものの
結局尚吾には会えず

しょうがないので藍と安い宿をとった


どすりっと疲れてた俺たちは

そのままベッドに倒れ込む


と思いきやなんか知らんけど
めちゃめちゃ安いビールを発見し
なんに対してかわからんけど
祝杯をあげ

フラフラになって眠りについた







俺たちのやったことは無謀だったのだろうか











コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。