スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りのラオスと久し振りの尚吾

1223









昨日の夕方ベトナム中部の街”フエ”に到着した
ビザの関係で1泊しか滞在できない俺たちだったが


ビザ以上にPC作業に追われ
到着後観光もせず部屋に閉じこもりひたすら作業をこなしていた


夕食を食べに1度外に出た時も大好きな街歩きを我慢した



実際そんな缶詰にならなければならないほど
山のように仕事があるわけではないが
効率の悪い俺は時間がかかって仕方がない



その夜も藍と交代でPCをまわして作業をしていたのだが
藍が3時頃に腹痛のためダウンしてしまった



今日ラオスに移動するバスが朝の6時に出発するため
遅くとも5時には起きなきゃいけなかったが

眠欲に対してモッカ連敗中の俺が一度寝てしまったら起きれるハズはなかった



バスはすでに予約していたし何より今日中にベトナムを
出国しないとビザがきれてしまい大変なことになってしまうので
いつものように「明日があるさ」とは言ってられない

いつものように「1時間だけ」と言って寝てしまったら
間違いなくバスを逃してしまうと思ったし藍はすでに深い眠りについていたので
俺が起きているしかない、と思い寝ずに作業をした



4時頃激しい睡魔が俺を襲い必死に格闘した
頭が朦朧とし作業はちっとも捗らなかったけど俺はなんとか寝ずにやり過ごし
時間通りに宿を出た



外はまだ星がきれいに見えるほど真っ暗だった
暗闇の中いつものように重い荷物を背負い
バス乗り場の”シンカフェオフィス”を目指した


この街に来て2日目だったし
っていうか初日もろくに歩いてなかったために
街を把握できておらず
朝早くから店の準備をしていた食堂の人やホテルの警備員に聞きながら
シンカフェオフィスを目指した


人に尋ねながらしてなんとか時間までにシンカフェを見つけたが
オフィスは閉まっていた


朝6時出発のため人に「5時45分までにオフィスに来い」と
言っておきながら時間にオフィスが開いてないってどういうことやよ!
と文句を言いたくなったがそれ以上に場所がちゃんと合っているか
ちゃんとバスに乗れるかっていう不安の方が大きかった


5分経ち10経ってもオフィスが開く気配はなく
近くを通る人に尋ねてみるとここの近くにもう1軒オフィスがあるとのことだった


そういうことか!そっちのオフィスに行けばよかったんか
と、一気に不安が解消され小走りめにもう1軒のオフィスに向かった


が、もう1件のオフィスも閉まっていた


どういうことやよ!?
なんでオフィスが2件あって2件とも閉まっとるんやよ!


と怒る気持ちが沸いてきたがやはりそれ以上に不安と焦りの方が大きかった



2軒目はフェイントで実は1軒目が今になってオープンしてるかも!?って思って戻った
俺の体重の半分近くある荷物は確実に重かったがダッシュせずにはいられなかった


1軒目のオフィスに戻ってみるもやはり
人の気配もオープンの気配もなく
どうしようもない不安が襲ってきた


時刻はいつの間にか出発時間の6時を過ぎていた
もしバスを逃してしまったら300000ドン以上するバスチケットが無駄になってしまう
そして今日中にベトナムを出なかったら相当面倒なことになる
と、かなり不安になったが
どうすることもできずその場でオロオロしていた


すると10人乗りくらいの白いバンが来て
サバナケット(ラオス)行きかと聞いてきた


シンカフェはベトナムら辺ではかなり大手のツアー会社なのに
車になんの表記もなくちょっと怪しかったけど他に頼れるものはなく乗り込んだ



バンはシンカフェのものか
同系列のものかは分からなかったが間違いなくシンカフェ関連のもので
俺たちを目的地まで乗せてってくれた


俺たちを乗せたあと他の2箇所で5~6人の客を拾ったがそのときに随分待たされた
そしてそのあとなぜかレストランの前で20~30分の朝食休憩をとった


俺たちがバスに乗って20分ほど経ってからのことだった


そんな休憩は要らんしたくさん待たすんならはじめから出発時間を遅くしてくれよ、と思ったが
かなりバタバタの出発だったので美味いコーヒーをゆっくり飲んでやった




昨日は一睡もしておらず早く快適なバスに乗り換えて
バスに揺られながら深い眠りにつきたかったが
バンはいっこうに乗換えをせずそのまま1時間半も走りやがった


バンの前の真ん中の席ではゆっくり寝ることもできなかった



ドンハという町に着き
ようやく長距離バスに乗り換えた


シンカフェは大手の会社でバスもかなり快適なハズだったが
なんでかわからんが今回は提携会社かなんかのボロいバスに乗る羽目になった



ボロいバスだったけど2シート使うことができ
ようやく眠りにつくことができた



そして8時間半の道のりをほとんど寝て過ごした


気づくと国境を越えており一ヶ月以上ぶりにラオスに戻ってきた



1223b.jpg


1223c.jpg






朦朧とした意識の中で見たラオスの風景は信じられんくらい田舎やった

そこでは子どもたちが無邪気に遊んおりなんとも素朴な感じだった


1223d.jpg


1223e.jpg


1223a.jpg



こんな村を歩き
人々と触れ合えたらなーって思ったけど
こんな名前もないような村にバスは止まらんやろうなーって思って
すぐまた眠りについた



次に目を覚ますとバスは目的地のラオス・サバナケットに着いており
バスを降りると尚吾が迎えに来てくれていた



久し振りにきたラオスで12日ぶりに尚吾と再会した


俺よりも先に1人旅をやり遂げた尚吾は
多くの出会いをし多くの物を得たようにみえた


そんな尚吾と合流し今日からまた
3人のSALの旅がはじまる




コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。