スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港

0106






香港。1997年にイギリスから返還された香港は
空、海の便ともに流通の要となり経済発展を遂げた大都市、そんなイメージ



かなりの大都市というイメージから物価も高く
日本と同じくらいの水準で
とても俺らが長居するような街じゃないと思っていたけど
聖子っていう素晴らしい友達がいたために
行くことができたし、滞在することができた


都心部には今まで旅してきたアジアでは見ることのなかった高いビルが建ち並び
バスや路面電車が頻繁に行き来する大都会だった


タイムズスクエアには日本でも目にするような店が入っていたし
周辺にはワタミとか日本のチェーン店もあったし
ほんとに東京みたいな感じやった



でもちょっと都心から外れると
他のアジアのように路上にテーブルを出し
そこで大勢が寄り添ってご飯を食べているような風景もあり
おもしろかった


ビトンとかカルティエとかオメガとかロレックスとかの
高級ブランド店が並んでいるのに
道を歩いていると

「偽物アルヨ。ニセモノ」

「オ兄サン、カッコイイネ」

「見ルダケ、見ルダケナラ無料ネ」

とかって話しかけてくる人がいて
すごい都会なのに
その辺はアジアが残っていておもしろかった



他のアジアでは電車は通ってなく
通っていてもメインの一本とかだけだったけど
香港内を地下鉄がびっしり抑えていたし
それだけじゃなく市バスもトラム(路面電車)もうじゃうじゃと走っていて
交通はかなり便利だと思う


市バスもトラムもほとんどが2階建てで
初めて乗り物に乗る子どものようにはしゃいで
大きな窓から香港の街並を眺めた



聖子の家にはビクトリア公園っていうでーっかい公園があったんやけど
そこを中心にまわりにはたくさんのバスケットコートがあり
どれも自由に使えるそうで

こんなにたくさんのバスケットコートがあるなら
三井君もあんなに頼みこまんくても好きなだけバスケできたのにって
感じだった

他にもテニスコートやら
フットサルのコートがたくさんあってどれも無料で使えるらしく
かなり市民に優しいなって思った


照明もけっこう遅い時間まで
点いていてマキガネ使ってるSWATもびっくりだと思う


食べ物は当然だけど
本場の中華料理が食べることができめちゃめちゃめちゃうまい


普段は聖子の家のキッチンで作らせてもらったんだけど
一度聖子に連れてってもらった上海料理の店は
聖子が言ってたとおりほっぺたが落ちるほどうまかった



スーパーに行けばいろんな国からの輸入もんがたくさんあるから
モノにも困らんし
ショッピングも楽しめるし
食べ物はとにかくおいしいし
夜景もきれいだし
カジノで有名なマカオも近くにあるし
いろんなものがぎゅっと凝縮されている感じでとっても
よい街だと思う



空の便でも便利な位置にあるし
香港からヨーロッパまでのチケットはめちゃめちゃ安く買えるらしい

往復で高くても5万くらいらしい


航空会社とか詳しい話は忘れてしまったけど・・・


でもとってもいい街なのでまた来たいと思うし
友達にもオススメな街だ






61.jpg

62.jpg


63.jpg


64.jpg


65.jpg


66.jpg


67.jpg


68.jpg


69.jpg


70.jpg


71.jpg


72.jpg


73.jpg


74.jpg


75.jpg


76.jpg


77.jpg


78.jpg


79.jpg


80.jpg








コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。