スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームステイ先の紹介

家族構成  → お父さんとお母さんと次男。長男はウランバートルで働いており、長女は町の学校に
        通っているためいなかった
       

 

お父さん  → ロトの紋章でヤオに星降る腕輪をあげたホビットに似ていて小柄。51歳。
        基本は無口で大人しい感じだけど1番優しい
        なにかあるとすぐ、ドラえもんがポケットから道具を出す時に叫ぶような感じで
        物の名称をモンゴル語で教えてくれる
        ドラクエで言うと羊使いで「怒涛の羊」が使えるくらいマスってる
        鞭なんか使わずとも、口笛だけでかんたんに羊たちを操る




お父さん










お母さん  → しっかり者で働き者のお母さん。激寒の中でもいつも早起きして暖炉に火を点けたり
        燃やす用の家畜の糞を拾ってきたり、薪を割ったりしてた
  母は強いなって思った
        キレイ好きでいつも掃除してたし、食事も作ってくれたし
        なにかとイソイソとしてた



お母さん











ションコー → 19歳で7個も年下だったけど、僕が弟のようにいつも彼のあとをついていってた
        寝床の準備や民族衣装が着れない時とか肉が上手に食べれん時とか
        困っている時はいつも彼が世話をやいてくれた
        僕にはないスキルをたくさん持っていて尊敬する面もあったし
        お調子者な所やいつも両親に隠れてタバコをねだるかわいい面もあった
        弟のような兄のような友達のような存在




ションコー











家畜    → ヤギ   150頭




ヤギ






        羊    200頭




羊






        らくだ   40頭





らくだ

        牛     10頭

        馬      5頭




馬


        犬      2匹





バカ犬2









ゲル    → 12~13畳くらい。入って正面に暖炉があり煙突が上に突き出ている。
        中央にバガナっていう2本の柱があり、それでゲルを支えている。
        入って左側には食器棚があり、右側には洗面台がある。洗面台があると言っても水道が通ってる訳 で はなく
        井戸から汲んできた水を蓄え、少しずつ使う。
 
        中央左右には簡易型のベッドがあって左側のベッドではお父さんと寝て、
        右側のベッドでは僕が1人で寝て、ションコーは床で寝ていた
        奥にはテーブルがあっていつもそこでご飯を食べていた
        個人の部屋などはなく、ゲル内で寝食を共にする
        当然プライバシーというものは存在しない




ゲル






コミュニケーション → 彼らの知っている英語は”hello”と”thank you”で
            日本語は「アリガトウ」と「スモウ」と「カッタ」と「マケタ」
            
            僕は失礼ながらモンゴル語は何ひとつ知らず
            コミュニケーションは困難を極めた

            たまたま泊まった北京のユースホステルに「地球の歩き方モンゴル」があり、
            運良く借りることができたので、後ろの方に書いてある「日常会話必須単語」を
            利用して意思疎通を図った
            
            でも基本はジェスチャー。
            通じる時はかんたんに通じるし通じない時はどんだけ頑張っても通じない

            ションコーはよくジェスチャーしながら喋ってくれたので分かりやすかったけど
            お父さんとお母さんはジェスチャーをせずにひたすらモンゴル語だけで
            話してくることが多かったから分かりにくかった

            お母さんなんかはすごいゆっくり丁寧に話してくれるんやけど
            知らない言語はいくらゆっくり話してもらっても分からない
                 
                 

                   

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 目童さん

日本語が話せるお兄さんは初日に帰ってしまいました。。。
100%意思疎通ができたわけではないですけど
でも、まぁそれなりになんとかなりましたし
ちゃんと一ヶ月滞在できました。


僕はいつもションコーと一緒にいたので
仕事とか礼儀とかもほとんどションコーが教えてくれました。

そんなに大した仕事はしてないんですけど、、、。



No title

なるほどー。
お父さん、いい味でてますねー。
ションコーくんが仕事もいろいろ教えてくれたんでしょうか?
遊牧民の男。
かっこよすぎです!
日本語がわかる青年は一緒にステイしなかったんですね。
ジェスチャーと片言でよくついていきましたね!
言葉は便利だけど、バディを超えない。
と私も思います。
main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。