スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームステイ中の食事






ホームステイ中の食事は基本的には羊の肉だった

27日ステイさせてもらって26日羊の肉を食べた
羊の肉を食べなかった1日はヤギの肉を食べた







基本食材は羊の肉と米と粟と小麦粉だけだったけど、
気を遣ってもらっていつもメニューが工夫されていたのであんまり飽きんかった

野菜はたまーーーーーーーに食べた








簡単に紹介すると




骨点き羊肉(御馳走)
料理11



羊の肉炒め
料理4



羊の肉入りスープ
料理3



肉ウドン
料理6



蒸し焼きウドン
料理5


ボーズ
0303f.jpg



餃子みたいなもの
料理8



羊肉のミンチを小麦粉で巻いて蒸したもの
料理9



羊の内臓
料理10



羊肉の炒飯


羊肉入り米と粟の雑炊


干しブドウ入りミルクご飯バター入り


ヤギの干し肉。









朝食はヘンウェボウっていう堅いパンか小さく揚げたパンとステーツァイ(ミルクティー)。
それか前日の残りものをステーツァイに入れて食べる
料理1

料理7

料理2



昼食は羊肉入り米と粟の雑炊を食べることが多かったかな。


夜は毎日メニューが変わってた


夜のご飯は食べるのが遅くて9時とかで、4時~6時の間に夕食を食べて

9時~10時くらいに夜食を食べることも少なくなかった






モンゴルの人は食事は2杯食べるのが普通なのかシキタリなのか礼儀なのかわからんけど
必ずおかわりをしていた



僕も礼に従って必ずおかわりしてたけど
「お客」扱いの僕の器は家の人の2倍近くあったし
お母さんが1杯目だろうが2杯目だろうが関係なく山盛りに盛ってくれるので
割りと小食な僕にとってはきつい時もあった


でも残したら失礼だと思って食事は1回も残さなかった








モンゴルの有名な料理、ボーズは熱っつ熱の肉汁に味が染み込んでで超おいしかった

あと羊肉入り米と粟の雑炊もけっこう好きだったな。


味付けは塩がメインでシンプルだったけどどの料理もおいしかった
シンプルだったからあんまり飽きんかったのかもしれん

あとチリソースかけて食べるのもおいしかった







ただ、干しブドウ入りミルクご飯だけは全然おいしくなった

多分ミルクにバターと砂糖で味付けされた甘いご飯に甘酸っぱい干しブドウが
入っててすんごいおいしくなかった
(フツーご飯甘くして食わねーだろ!?)


さすがにこれは2杯食えねーから1杯でやめておこうって思ったけど、
食べ終わった時にお母さんに「おいしい?」って聞かれて、

首を横に振るわけにもいかず、縦に振って親指を立てたら

「じゃあもう一杯食べるでしょ!?」みたいな感じで俺の茶碗を取り上げて
山盛りに盛ってくれた


この2杯目を食べきるのはホントにホントにきつくて涙もんやった



食べ終わった茶碗を舌でベロベロと舐めて茶碗をきれいにするのが
遊牧民の作法というか礼儀なので
この時もあまーいミルクの汁を飲み終えたあと、吐き気を我慢しながら茶碗を舐めた







羊の骨付き肉は御馳走でお客さんが来ると必ず出していた


ナイフと歯を使って肉を剥ぎ取って食べるんやけど
遊牧民の人達はほんとにきれいに、
マンガに出てくる犬がくわえとる骨ぐらいきれいに食べていた


うちのお父さんなんかは骨を割って、骨の中まで吸っていた


内臓も捨てずに全部食べとったし、食べれる部分は無駄無く全部食べていた



僕ははじめの頃はこれが全然きれいに食べれんかって嫌いやったけど
最後の方は随分きれいに食べれるようになった

この骨付き肉がきれいに食べれると認めてもらえるみたいやった







ステーツァイっていうミルクティーは
どこの家でも魔法瓶に入ってていつでも暖かいのが飲めるってくらい常備されてて
いっつも飲んでたけどあっさりしてて大好きだった

毎朝3杯くらい飲んでた



らくだの乳を毎日搾ってて
ミルクはたくさんあったけど、そのまま飲むことはなかった


なんかでっかい銀色のいかにも牛乳入ってそうな入れ物にたくさん溜めてある
ちょっと発酵させてあるような液体は飲ませてもらったけど
酸っぱくて全然おいしくなかった


その液体を暖めた「ボッツァダカ」っていう飲みものは
口当たりは甘酒みたいな感じでウってなるんやけど
後から”温かい飲むヨーグルト”みたいになっておいしかった


冷たいのは1回しか飲まなかったけど
暖めた方はよく飲んだ




それから自家製ヨーグルトも食べさせてもらった

これは甘くするための砂糖が全然中和してなくて、
甘さと酸っぱさがそれぞれ自己主張してて
クチの中でもザラザラしてておいしくなかった

料理はおいしくなくても「おいしい!」と言って食べてたけど、
この自家製ヨーグルトは一口食べた瞬間に「ウぇー」って顔をしてしまい、
それをお母さんとションコーに見られてしまったので
素直においしくないと言うしかなかった






ホームステイの真ん中ら辺で1回ジャンクが食べたいって思ったけど、
遊牧民の食事は思ってたよりいける感じやった







コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。