スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天安門

4月5日




朝なかなか起きれない

モンゴルに居た時ずっと寝袋で寝てたからかわからんけど
宿の真っ白な布団がめっちゃ気持ちよくて
朝ベッドから出れずついつい寝過ごしてしまう

気持ちいい二度寝がいつも以上に気持ちいい


春眠暁を覚えずっていうけどまさにこのことだろうなぁ



そういえば何年か前にもこの時期に同じようなことをmixiで書いた気がするなー



変わらんなー、俺。






今日は30分の格闘の末、ようやくベッドが這い上がり
でっかい毛沢東がいる天安門に足を運んだ



天安門東という駅で降り、地上に出ると
すぐに毛沢東の絵が目に入った



0405a.jpg





当然なのだけど
ガイドブックに写ってる写真そのままだった


朝8時前だというのにたくさんの観光客がおり
毛沢東さんと一緒に記念撮影をしていた

残念ながら俺は毛沢東のファンではないのでそれを見てもちっとも感動もしんかったけど
でも中国の偉大なる指導者である毛沢東の肖像画を
TVや写真ではなく実際にこの目で見ることに意味があるんやろうなって思った

いや、そう思いたい





目の前の車線の多い広い道路は通ることができなかったので、地下道を通って道路向かいの天安門広場にも行った


0405b.jpg


0405c.jpg



50万人収容できると言われるその広場は本当にただのだだっ広い広場で特に何って
見応えもなく、いつもなら写真だけ撮って「ハイ、サヨナラ」って感じやったと思うけど

ちょっと前に「そうだったのか!現代史」って言う本を読んで
毛沢東のしたことや天安門での事件のことも多少分かっていたので

ここではあんな事件があったんやなって歴史を通して見ることができた


万里の長城とかやったら歴史とかなんにも知らんくても
単純にその壮大さに感動できると思うけど

場所によってはちゃんと歴史も知っておく必要があるなって思った

感じ方が印象が全然違ってくる気がした


自分の知識なんて全く浅はかなもんだし
知ろうにも旅をしながらでは限界はあるだろうけど
これから先の旅するところ、観光するところのかんたんな歴史くらいは知っておきたいなって思った




それにしても
本当に共産党が自分達ばっか甘い汁を吸ってるんだとしたら
早く解散して中国も資本主義にすればいいのになって思う












コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。