スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニトレッキング

05月16日







朝5時半にお兄さんに起こされて屋上にいくと
そこからきれいなサンライズが見えた

まだまぶたが重かったけどサンライズにも遠くに見える雪が乗っかった白い山にも
感動した


0516a.jpg


やっぱり早起きは気持ちがいい


0516b.jpg



かんたんに準備をして7時過ぎくらいに家を出た
いつもならまだ余裕で寝てるよ、とか思いながら。




今日も昨日に引き続きお兄さんにバスで色々と連れてってもらった

最初はナントカの滝ってとこに連れてってもらって
太田じゃあるまいし滝とかいいよって思ったけど
こんな機会でもないと滝とか見んし、お金払って観光とかもしないので
まぁよかったかもしれない


0516c.jpg

(滝に行く途中にあったミニエベレスト。実際のもこれくらい楽に到達できたらいいのに)



始めに見た滝はすっごいしょぼくてお金出して見る価値もないと思ったけど
後から見た滝は見るためにインディージョーンズみたいな雰囲気のある洞窟を通っていって
真っ暗な中に入ってくる微かな光で映し出されていて雰囲気が出ていて思った以上によかった

0516e.jpg

0516d.jpg









滝を見たあとはバスに乗って山に登った


ガッタガタの舗装されてない悪路を超満員のバスが
唸りながら登っていった


ほんとによくこんな道をバスが通るなって道を登っていった
すげー山を登っていくのに利用客(地元の人)がたくさんいたのはびっくりやった

すれ違うバスはパンク状態で屋根の上に何人も人が乗っていた

こんな大勢何しに山に行くんやら?って思ったら普通に民家や学校が山にあって
制服を着た学生もたくさんいた


0516f.jpg

0516g.jpg

0516h.jpg







1時間くらい登ると標高約1200mの所に到着し、僕らはバスを降りた


そこではポカラの街が一望できた

0516i.jpg

0516j.jpg

0516k.jpg




小さな売店に入ってコーラを飲んで休んでいたら地元の老人が

「もうちょっと登ると社があるしもっといい景色が見える」

って言ってきて
僕的には帰りのバスの時間も気になったし
日射し強くて暑いし
景色とかちょっと登ってもそんな変わらんやろうから
いいやって思っていたけど


おじいさんはどうしても連れて行きたそうだったので
連れてってもらうことにした





外は日射しが強くて日傘してても暑かった

連れてってもらうそこは標高1500mらしくたった300m登るだけやんって思ったけど
ちょっと登っただけで汗だーだーになった



0516l.jpg
0516m.jpg

0516n.jpg


トレッキングで1日7~8時間とか登ったらヤバいかもなって思った



頂上に着くと確かにさっきより高く一段ときれいな景色が見えた
千と千尋の神隠しに出てきそうな社も見れてよかった

0516o.jpg






ただ僕は11時に出発するっていう『降り』のバスのことが気がかりだった
ゆっくりとしているお兄さんを急かすものの、お兄さんは

「こっちは時間いい加減だから大丈夫!10~15分くらいは平気だよ」

と余裕そう。



そう言えば書き忘れてたけど、お兄さんは前に日本で6年くらい働いていて日本語が堪能で
僕らは普通に日本語で会話していた





まぁお兄さんが大丈夫って言うなら大丈夫かぁと思って
頂上を降り、ゆっくりとバス停に向かった


そしたらバスのクラクションが鳴り響いて、それを聞いた瞬間にお兄さんは焦ったのか
走っていってしまった

「僕がバスを停めておくから大丈夫。ゆっくり来ていいよ」

そういい残して。




で、藍とゆっくり歩いていくと
心なしか鳴り続いていたクラクションが遠くなっていく気がした






お兄さん、バスばっちり逃してた


全然大丈夫じゃないじゃーん!!








次のバスはいつ来るかわからないので僕らは自分達の足で降りることにした


まさかこんなところでトレッキングをすることになるとはー
なんて思いながら降りた


始めは緩やかだったし途中にあった学校の生徒とかと話したり
お兄さんから植物の話を聞きながら楽しみながら降りていたけど
中にはかなり急勾配な降りとかもあってきつかった

余裕ぶって駆け足で降りたりしてたら裏腿つりそうになって焦った


自分は中、高校と6年間陸上で鍛えたから足腰には自信があるとか
思ってたけど、それって8年も前の話なんですね・・・、老いと時間の流れの早さをを感じました







0516p.jpg

0516q.jpg

0516r.jpg




バスで1時間登った山を自分らの足で降ったらどんだけ時間かかるんやろ!?って思ったけど
思ったより早くて1時間で降りてこれた


ただ、降りただけやのに汗だくだくになった
たった1時間降りただけやのに。

そんで足がくがくになってた
ツる一歩手前な感じ。

そんでめっちゃくたくたになった







果たして僕らこんなんでトレッキングできるんやろうか・・・

1日7~8時間も・・・

しかも登り・・・

しかも荷物を背負って・・・










・・・無理やな。








コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。