スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シッキムへ

5月29日




カトマンズに泊まってた宿の近くの小さな売店でチャイを飲んでたら、
1人のカッコいいお兄さんが近くでタバコ吸ってたので長いすの席をちょっと譲って

「座る?」

って言ったら、隣に座ってきてそんで少し話をした


その人は小さな売店の近くで竹や麻で造った服や鞄を売ってるお店をやっていた


ポカラに行く前に一度顔を出したんだけど、その人には会えなかったので
ポカラから戻ってからもう一度顔をだした



そうしたら僕らのことを覚えていてくれてお店に招いてくれた

僕らはそこで彼が竹で造ったシャツやパンツを見せてもらったり
お互いのいろんな話をした





僕らがインドに行く話をしたら彼はシッキムを勧めてきた
彼はシッキムの出身だった


シッキムのことはオッキーから少し聞いていて興味はあった

チベット系の人達が住んでいて昔はインドと別の国やったとか・・
今も独立するとかしないとか・・
インドであってインドでないとか・・



で、彼からもインドとは全然違う。涼しいしいいところだよって言われた




僕らはビザの期限的にインドに行くことは決まってたけど
インドのどこに行くかとかどういうルートでまわるとかを全然決めてなかった

まぁなんとなくバラナシとかかなぁ、くらいな感じだった

で、シッキムの話聞いてちょっといいなって思って
でも結局決まらんまま旅行代理店行って、そこでシッキム行きのチケットを予約した




シッキムなんて今まで聞いたこともなかったし
普通の旅行者とか行かんそうで面白そうやったから。





そんなわけで僕らはシッキムに行くことにした



手押ししんとエンジンのかからんボロいバスに20時間乗って国境まで行って、

IMG_8802.jpg

国境を越えてからは「こんなんに14人も乗れるわけないやん」っていうジープに


IMG_8803.jpg

14人詰め詰めに乗って5時間くらい走ってシッキムの首都のガントックに向かった




僕らがシッキム行きのチケットを予約したあとに彼のところに行って
そのことを告げたら彼は喜んでいた



7時頃ガントックに着き、彼が紹介してくれた彼のおじさんを訪ねると
友人は安い宿を紹介してくれたり、色々とよくしてくれた


ネパールの国境を越えるときも旅行代理店を紹介してくれたので
普通よりも安くジープに乗ることができた


何かとよくしてもらい、彼には感謝したい

ただチャイを一緒に飲んだだけの仲やのに。



でもたまたま一緒にチャイを飲んだことが、僕らが今シッキムに立っている原因やと
思うと出会いや縁ってすごいなって思う


きっとここでもまたいろんな人に出会うんだろうなぁ










そうそう、誰も心配してないと思うけど一応僕のお腹のことを報告しておきます。



昨日は結局一晩中お腹の中でヤクが暴れてて苦しかったし、
今日は一日中便意との闘いやったけど、なんとか事なきことを得たよ


食欲なくてずーーっと何にも食わんかったのがよかったと思う。

多分モノ食ってたらアウトやったろうね。

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。