スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沐浴

7月1日




バラナシに来てすぐにここでのサンライズは見応えがあることを知った

宿の人も言ってたし、歩くたびにうんざりするくらい話し掛けてくるボートの客引きも言っていた



それなら1回くらい見てやろう
ガンガー越しに登る朝陽を見ながら川沿いを歩いたり、
チャイでも飲みながらゆっくりしたらいい時間が過ごせそうだ


ってなってガンガーに朝日を見に行くことにした







んだけど、今日まで行けてなかった




なぜなら朝起きれないから。








5、6回トライしたんだけど1回も成功しんかった
「朝5時起き」っていうハードルは僕らには高すぎた






ちゅうわけで早朝には起きれんことがわかったので
寝ずに行くことにした






暇だったので藍と2人で「耐久UNO」をした


「朝5時まで寝ない作戦」は大成功で、僕らは日の出の時間にガンガーに向かうことができた











念願の早朝ガンガーだったけど、気分は優れなかった
ちょっと眠たかったのもあるやろうけど、それ以上にこれから自分たちがしようと
していることに嫌感を感じていた




別にやらなきゃいけない理由なんてない




でも僕らはガンガーで朝日を見るのときにガンガーで沐浴することを決めていた

名声、見栄、意地、記念、誇り、宗教心。
なにが僕らをあの汚い排水へ向かわせるのかは分からんのだけど
とりあえず入ることだけは決めていた


まぁ宿の人に今まで飲んでた水も浴びてたシャワーも全部ガンガーの水だってのを
聞かされて、ガンガーに対する抵抗がかなり無くなったことが大きいんだけども。








0701a.jpg


ガンガーに着くと辺りはもう随分と明るくてすでにたくさんの人がいた

洗濯や洗い物してる人がいてガンガーが生活の基盤になっているのは知っていたけど、
川沿いや川につけてある船の上で寝てる人もいてここの人たちにとってガンガーはお家であり、
生活そのものだと思った



0701c.jpg




まわりの明るさは宿を出てから変わんなくて
ガンガーの向こうを見ても雲がかかってて日が出てんのかよく分からんかったんやけど、
気付いたらもう登ってた

0701b.jpg





でもそのときは朝日なんてどーーでもよかった





頭の中にあるのは沐浴のことだけだった









ガンガーに入るってことは決めていた

でも僕らは地元の人たちみたいにあたかも温泉やプールに入るかのように
躊躇なく飛び込むことはできなかった


ので、とりあえずチャイを飲んで心の準備をすることにした






宿の人から川沿いのチャイ屋のチャイはガンガーの水をそのまま使ってるって聞いたからか
わからんけど、いつもよりおいしくない気がした


実際のところチャイの水はどうか分からんけど、川の水でコップを洗ってる所は
バッチリ見てしまった

(僕ここで何回チャイ飲んだっけ。。。)






ガンガーでは普通におじいちゃんが体を洗ってる
さっきまで食器を洗ってたばあちゃんも服のまま飛び込んでバシャバシャやってる

おっさんも川で体洗ってるし、
若いお兄ちゃんたちもやってきて泳ぎ出した

若いお姉ちゃんたちはわざわざガンガーに来て、川の水で歯を磨いてる


さっきまでそこにいた10歳くらいの2人の女の子も上半身裸になって勢いよく飛び込んだ


みんな平気で入ってる







ここではガンガーに入るってことはなんてことないんだ
普通のことなんだ


そう自分に言い聞かせて、たいしておいしくないチャイを
ゴクリと飲み干した









さて、そろそろ僕らも飛び込みますか



そう言って川に近づく




用水とかでザリガニが死んじゃったような臭いがしてくる




クサい。




前から臭いと思っとったけど
いざ入ろうと思うと余計に臭く感じる



そして汚い



なんか知らんけどおじいちゃんが川沿いにひっかかったゴミとか魚の死骸とかを棒で
つっついて川に流しとるし


俺らこれから入るんやでそういうことやめて、おじいちゃん。




それから俺らの目の前で

「かー、ぺっ」

ってタンを吐くのもやめて。






鉛筆くんの教えにより藍が先に入った

僕より先に貴重な体験をした藍は

「体張ったわりには大したことなかった」

そう言った


0701d.jpg



うわー、リアル。



そんで次は僕の番。
藍も入ったことだし覚悟は決まってた


でも嫌なものは嫌だった


川に近づけば近づくほど変な臭いがしてきた



足からゆっくり入る



水はぬるい



そして足元はめちゃぬめぬめして気持ち悪い



入るともっと臭いし汚い




全然深くないのに水がにごりすぎてて足元が見えなかった





マジ汚ねー



足元はゴツゴツしてて転びそうだったのですぐに泳いだ






俺顔を出したまま平泳ぎ出来てよかったー


って思った

じゃなかったら顔水面についてた


ゴールドコーストの猛特訓がこんなところで役に立つとは。






にしても汚い




地元の人は全然気にせず潜ってじゃぶんじゃぶんやってんのが
信じられんかった



僕にはどうしても潜ることはできんかった






しかし汚い



川に入ってから何回汚いって言ったかわからん。




実際沐浴って何をすることなんかわからんかったけど、
僕らにとっては川の中に入ることが重要だったので適当に泳いですぐにあがった



あがるときにヌルヌルした石に足を滑らせてこけてしまい、あやうく笑い話を作って
しまうところだった


勘悪くなくてよかったー。






いろんな思いがあって今日ガンガーに入った訳やけど、感想は藍と一緒だった



特になんてことなかった





ただ入ってみて分かったことは、中は余計臭いし、汚いっていうこと。
それくらい。








と、いうわけで僕たちガンガーで沐浴するという一大イベントをやり遂げました



0701e.jpg
0701f.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。