スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネムルト・ダーウ

20100718





16日にトルコ、イスタンブールに着いた僕は翌日の夜、
世界遺産のネムルト・ダウを見るべく長距離バスでキャフタに向かった。









なんじゃーこりゃー!!











バスに乗った瞬間そのバスの快適さにびっくりした。
U.A.Eの時でも同じようなこと書いたけど、トルコのバスも素晴らしかった。




バス自体も新しくてシートが革張りでそれももちろんよかったんだけど、
サービスが嬉しかった。


まず乗ってすぐにアイスクリームが出てきたし、
途中でパンケーキとクッキーが出てきたし、
コーヒー、紅茶、コーラ、ファンタなどから好きなのを選べるドリンクサービスが2回あったし、
ミネラルウォーターが無料で飲み放題だった。



目の前にはモニタがついていて映画やら音楽やらが見放題

0718あ



もう、なんていうか至れりつくせりな感じのバス


0718い



これで隣の席の子がかわいい女の子だったらいうことはなかったけど、
そこは残念。白髪混じりのおっさんでした。







乗客は日本人や欧米人の観光客でいっぱいかと思ったら
外国人観光者らしき人は僕だけであとはみんなトルコ人っぽかった。



こっちでは東洋人が珍しいのか、
絶好調なのに「顔色悪いけど大丈夫?」って言われるくらいの僕の青白い肌が珍しいのか、
はたまた僕の顔がカッコいいからか分からんけど、

休憩でバスを降りると何度か写真を求められた。







イスタンブールからキャフタまでの所要時間は18時間。


さすがにちょっと長かったけど、快適だったのでもっと乗っててもよかった。



キャフタのバスターミナルに到着。

ガイドブックを持ってない僕はどこに行けばいいかも
全然分からんかったけど、あんまり動揺してキョロキョロしてても
カッコ悪いのでとりあえずベンチに座ってタバコを吸った。







そしたら、1人のおっちゃんが話しかけてくれて
知り合いの宿屋のおっさんを呼んでくれた。


値段交渉してみると20リラまで下がったので
それで決めてしまったけど、


多分20リラが通常料金なのでもうちょっと粘ればよかったなって感じ。

(甘いな~、俺)







その宿はツアーも組んでいたので、話を聞いてみると



ロングツアーとショートツアー、
朝日を見るツアーと夕日を見るツアーがあった。


僕はネムルト・ダーウが見れたらそれでよかったので

「ショートツアーで朝日」


って言ったら




それは1番高いって言われた。


多分すでに夕日を見る、ロングツアーが組まれてたんだろう。
僕は宿の人にうまいこと丸め込められてしまい、
ディナー付きのありえん金額のツアーに申し込んでしまった。




藍と別れて早速これだからこれから先が思いやられる。
もっと粘り強く交渉できるようになんなきゃな。









2時になりツアーがスタート。
欧米人カップルとトルコの女性5人と東アジア系の男と僕が乗った
ミニバスがネムルトに向かって走りだした。







キャフタはずいぶんと小さな町らしく
走りだしてすぐに車はどローカルな道に出た。

0718う

0718え







20分くらい田舎道を走り、カラカスの丘に到着


0718お

0718か








次はローマンブリッジ


0718き

0718く







そのあとはけっこうな山道を通り


0718け

0718こ









なんとかの遺跡を見た。


0718さ

0718す

0718せ




予備知識もなく、ガイドの説明も聞き取れなくて
あんまりよくわからんかったし、そんなにパッとしんかった。














そのあとネムルト山に登った。


0718そ






遺跡は頂上にあり、馬やロバで上まで運んでくれるサービスもあった。
もちろん有料なので僕は頼んでないが。

0718ま







頂上に着くと巨大な頭がゴロゴロ



0718た

0718ち

0718と

0718ひ

0718へ








首から上がない像が台座に並んでいた。


0718つ

昔の地震かなんかで頭だけもげてしまったらしい。











山の標高は何メートルあるのかわからんかったけど、
頂上はずいぶん高くてとてもいい眺め

0718に








僕的にこういう遺跡はメキシコや南米にあるイメージだったので
トルコにこんな遺跡があってちょっと意外だった。

今までに見た遺跡とはちがってて別世界な感じがした。

今までって飽きてしまって遺跡ってあんまり長時間見てらんなかったけど、
なんだか不思議な気分で見入ってしまった。












ツアー会社ではサンセット、サンライズをネムルト山で見るっていうのを
ひとつの売りにしてたし、ネットでも夕日や朝日によって
像の表情が変化するみたいに書いてあったけど、


ずーっと見てたけど、日没の時刻になっても頭像の表情は一切変わらんかった(当たり前だ)


0718て










サンセットはきれいだったけど、
山の頂上で見るサンセットはずいぶんと寒かった。


0718ほ



でも遺跡とサンセット、サンライズがマッチする訳ではないので
特に日の出、日の入り時刻に見に行く必要はないなって思った。











0718の


0718ふ

他の観光客には大人気だし、
遺跡もなかなか興味深くて僕的に好きな感じでよかった。












ただいま世界一周ブログのランキングに参加しています。
たとえ3ヶ月分のブログが貯まろうとも頑張って書いていくので
ぜひ1クリックお願いします。↓↓

              にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
               にほんブログ村

             
ケータイの方はこちら

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。