スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物価の高いオアシス

***現在カナダのバンクーバーにてせっせか働いてお金貯め中です***



20100724







7月16日僕はイスタンブールにやってきた。
U.A.Eの空港でバックパックを預けるときに
盗難防止用のパックセーフを装着して預けたんだけど、


00724.jpg

(バックパックを覆ってるアミアミのやつね)






それがなぜかトルコで受け取った時には無くなっていてショックだったけど、それ以上に
トルコという新しい国に、久しぶりの1人旅に緊張し、ドキドキワクワクしていた。










まずは空港から市内へ。


今まで藍に頼りっぱなしでちっとも成長していない英語を駆使して
市内行きのシャトルバスに乗り込んだ。

インフォの人以外英語を話せない人がほとんどびっくりだった。




どこで降りればいいのか分からない僕は緊張っしぱなしで
バスの窓から外を眺めた。


空は気持ちのいい夏のように青く、
街は思ったよりキレイで近代的だった。

0724a.jpg

0724b.jpg


















アジアの素朴でエネルギッシュで汗臭い感じとは違う空気。
ネパールで出会ったねーさんから「インドのあとのトルコはオアシスだよ」
と言われていたけど、



1ヶ月半のインド旅で完全にインド疲れして
最後の方にはチベット難民キャンプに逃げ込んでたぐらいの僕にとって
イスタンブールはまさにオアシスだった。



その理由はまずキレイなことだと思う。

街並みももちろんキレイなんだけど、
清掃されているっていう意味でもすごいきれいだった。


それから食べ物もものすごいおいしかった。
有名な「ケバブ」はどこでも安く手軽に食べることができたし、
とってもおいしかった。


0724d.jpg




インドのタンドリーチキンはかーなりうまかったけど、
高価でいつも食べれる訳ではなかったし(一皿4~500円)
インドの庶民的料理の「タリー」も悪くはないんだけど、
味が単調すぎて飽きてしまった。


世界中で愛されてるマクドナルドのハンバーガーでさえ
マサラかなんか分からんけど、インドの味がして残してしまったぐらいだし、


後半はチョーメンを始めとするチベット料理に逃げるぐらいだった。









それを思うと食べ物は何を食べてもおいしかった。





名前は知らんけど、石釜で焼いたらしきこのパンは

0724パン

ものすんごいうまかった。






トルコアイスでお馴染のパフォーマンスにも楽しませてもらった。


0724.jpg






イスタンブールの街には良さげな感じのレストランもたくさんあった。


0724c.jpg

ハイシーズンということもあってか欧米人の観光客がたくさんいた。






アジアとヨーロッパの架け橋と言われるトルコだけど、
すごくリゾート化されてたし、欧米人の観光客も多くて


アジアから来た僕にしてみれば完全にヨーロッパだった。
(おもしろいことにあとで出会った旅人でヨーロッパからトルコに入った人は
 トルコは完全にアジアだろうと言っていた)



さらに中東という場所に位置し、イスラム文化を持つ
トルコはいろいろとミックスしてておもしろいなーって思った。




街並みはとても美しいし、人々はなんとも陽気だし(よく写真を求められる)

0724h.jpg






交通の便もいいし、観光地化されてるし、いつも40℃超えしてたインドよりも
ずいぶんと居心地もよく僕はでトルコが気に入った。





インドの直後に来たという過程も大きく影響してると思うけど
トルコはまさにオアシスでここに住みたいなぁとも思った。











東側の観光から戻った僕はイスタンブールの街を歩いてまわった。
この時のトルコは日が沈むのが遅くて20時とか21時とかだった。

こういうのも僕には初めてでおもしろく、僕は遅くまで街を歩いてまわった。

0724e.jpg

0724i.jpg

0724j.jpg











アヤソフィア、ブルーモスクと行った世界遺産を見たり、

0724u.jpg

0724t.jpg






グランバザールと呼ばれるおっきなおっきなマーケットで買い物したり

0724f.jpg

0724g.jpg






豪華なフェリーでアジア側に渡ったりした。

0724k.jpg

0724m.jpg

0724l.jpg

0724r.jpg







アジア側はヨーロッパ側ほど観光地っぽくなくて
静かで地元の人の生活感が溢れていて僕的にはすごくよかった。


英語がほとんど通じなかったけど、身振り手振りを使って
あーだ、こーだ言うのは嫌いじゃないし。



モスクなどもすごくシンとしてて落ち着いて
とてもリラックスできた。

0724n.jpg

0724p.jpg

0724v.jpg

0724s.jpg

0724q.jpg







僕にとってトルコはとても居心地の良い国だった。
僕は全然まわりきれなかったけど、イスタンブールもトルコ全土にも見所は
たくさんあるしツアーとかも充実している。




事実インドと比べたら物価は2倍以上で
そういう意味ではオアシスとは呼べないけど、



でもとてもいい国だと思うし、僕にとってはオアシスです。
ぜひまた行きたいなってと思います。

おススメです。









ただし、
日本人観光客を相手にしたぼったくりや犯罪もすごく増えてるようなので

トルコに行かれる方は十分に注意してください。
実際イスタンブールでは上手に日本語を話すことができ話しかけてくる人がたくさんいます。


僕もわずかな滞在中で何度も話しかけられました。
相手の話に乗せられ大金を騙し取られたという話も後のたびで出会った人から聞いたりもしました。

その辺は十分に注意してください。








ただいま世界一周ブログのランキングに参加しています。
たとえ半年分のブログが貯まろうとも頑張って書いていくので
ぜひ1クリックお願いします。↓↓

              にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
               にほんブログ村

             
ケータイの方はこちら







コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。