スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリシュティナからオフリドへの道中

***現在カナダのバンクーバーでワーホリ中です***




20100831


プリシュティナからオフリドの道中







モンテネグロからコソボの首都プリシュティナにやってきた僕は
別ルートを辿っていた藍と再会するために再びマケドニアに行くことにした。



藍と合流するまでの3~4日間、近辺を下手に動き回るよりも一箇所で待っていた方がいいと思い、
僕は1泊しかしてないけどお気に入りのオフリドを選んだ。









プリシュティナにやってきたのは早朝5時。
天気が悪かったせいもあるかもしれんけどバスを降りた瞬間、
それまで猛暑が続いていたバルカン半島からは考えれんくらいの寒気を感じた。




コソボのこと全然調べてなくてどんな魅力があるのか分からんかったし、
歩くのが億劫になるぐらい風が強かったのでコソボはスルーすることにした。







その日の午後にオフリド行きがあったのですぐにチケットを買った。
僕はてっきりスコピエ経由かと思っていたけど直通があって嬉しかった。







バスは走り始めて2時間ほどで国境に着き、
国境を越えて少し走ったところで休憩をとった。







そこで


「お前はストゥルガ行きだったな?」


と、バスの運転手。




「いや、オフリドに行きたいんだけど」


と、僕。





「おう、そうだった。そうだった。まぁストゥルガもオフリドも同じようなもんだ。」




で、そのあともなんかしゃべってたんだけど、それは何て言っとるか分からんかったけど
とりあえずあのおじさんについてってよ、みたいなことを言って僕に5ユーロと100MKD渡してきた。








ん?



どういうこと?






お金を渡されてどういうことか分からんかったけど、
どうやら僕はバスを乗り換えなきゃいけないらしく渡されたお金は乗り換えるバスのバス代っぽかった。










直通って言ったやーん!


ってさっきのチケットオフィスでのやりとりを思い出しながら
慌ててバックパックを担ぎ、指差されたおじさんについていった。




バスの運転手から話を聞いていたおじさんは笑顔で僕を手招きしてくれた。
親切そうなおじさんでよかった。



その親切そうなおじさんと僕と同じ年くらいの白人女性と3人で道を少し歩き、
ほんとになーんにもない道でバスを待った。




バスが何台か来て通りすぎていった。



15分ほどしてやっとお目当てのバスが来て僕等の目の前で停まってくれた。







「オフリドまで行きたいんだけど」

そう言ってさっきもらった5ユーロと100MKDを運転手に渡したら



「OK!OK!私に任せておきなさい」


みたいなジェスチャーをして受け取った。
人の良さそうな感じで安心した。








ストゥルガまではなかなか遠かった。


乗り換えしてからすぐかなーなんて思ってたけどそうでもなかった。



外はだいぶ暗くなっていた。





この頃僕は少し不安になり始めていた。
このバス実はオフリド行かないんじゃないかって。





今までのやりとりと今までの経験でなんとなくそんな気がした。
過度の心配症の僕のいつもの取り越し苦労ならいいんだけど。








メガネのねーちゃんがオフリドとストゥルガは7キロしか離れてないって
言ってたから近いことは分かったんだけど、位置関係までは分かってなくて



オフリドとストゥルガが1本の道で繋がってて
オフリドを通ってストゥルガに行ったり
ストゥルガを通ってオフリドに行くんならいいけど



別れ道になっててストゥルガに行っちゃったらどうしようって
思った。





移動のことで不安になることはよくある。
このときもずっとそのことばっか考えてしまい、
暇つぶしにやってた風来のシレンはまったく手がつかなくなってしまい、
ずっと外をみていた。


したら目の前に大きな湖が現れて、その横にある看板が僕の目に飛び込んできた。




右 ストゥルガ
左 オフリド







ヒダリー!!

ヒダリ曲がれ、コノヤロー



日が完全に落ち、けっこう焦ってた僕は心の中で大声で叫んだ








が、僕の心の叫びは届かず、バスは右に曲がった。







マジかよー



どうしよう


ちゃんとオフリドにも行ってくれんやろうか?





もし行かんのやったらここで降りといた方がいいよな



けど、
どうしよう





バスの運転手に頼んで止めてもらおうか




でも




ストゥルガのあとオフリド行くかもしれんし



結局僕はバスを降りて歩くっていう決断をできなかった。





オフリドからどんどん離れていく窓の景色を眺めながら
僕は早くストゥルガに着け、早く着けと祈っていた。




バスは10分ほど走ってストゥルガに着いた。






ここでも僕の


「全員降りないでくれー。オフリド行く人誰か残っとってくれー」


っていう願いは届かず全員が降りた。



仕方なく僕も降りた。



で、バスの運転手に聞いてみる。



「オフリド行かないの?」



「おうおうおう、そうだった。・・・OK、ちょっとここで待っててくれ」





おうおうおう、そうだったじゃねーよって思いながらも
よかったーと思い僕はそこで待った。




乗客は全員降り、
運転手は荷物やらなんやらを下ろしていた。






・・・






そして運転手は荷物を下ろし終えると再びバスに乗り、
そのままどっかへ行ってしまった。







あれ?



オフリドまで乗せてってくれるんやないの??





おい!ちょっと待てよ!!







・・・!!!





そっか、きっとあのバスをバス乗り場かどっかに置いてきて
きっと彼の自家用車かなんかで僕をオフリドまで乗せてってくれるんや!



そう僕は解釈した。




でも5分経っても10分経っても運転手は戻ってこなかった。





どうしよう





不安になりながらも待つしか術はなく待った。






道行く人に念のため聞いてみるがこの時間はもうオフリド行きのバスはないらしい。
そして距離は12キロ。


さっきメガネのねーちゃん7キロって言ってたやん。








マジかぁあ


早く来てくれよぉぉ、バスの運ちゃんよぉー






しかし運ちゃんは来ない








こんなときは5分が非常に長く、
不安で仕方がない。





20分待っても来なかった。






どうしよう




どうしよう





不安が僕に襲いかかる






けどタクシーは絶対使いたくない!








そこで不安になりながらも考えてみる







最近ちょっと自分の中で自分を限界まで追い込むのが流行ってて


流行ってるっていうか


今まで自分を限界まで追い込むっていうことをしたことがなくて

すぐ自分をあまやかしちゃったり
限界になる前にギブアップしたりしちゃってたから



限界まで自分を追い込んでみたいなっていうのがあったし


自分って今までできる見込みがあることしかやってきてなかったから
できる見込みがないこととか、未知の領域に踏み込む

っていうのをやっていきたい



っていうのがあったので



もしバスの運ちゃんが来てくれなかったら
いつもなら逃げたすこの状況に立ち向かってみるかって思った。









30キロ近い荷物を担ぎ


真っ暗な道を


地図ももたず


12キロ歩く!









10時までに来なかったら出発しよう!





出発まであと3分をきった時
目の前をミニバスが通りすぎ10m先で停まった。



もしやと思い、そのミニバスに乗ろうとする学生に聞いてみた






「これどこいくの?オフリドいく?」

「行くよ」








未知の領域に踏み込むっていう僕の決心はあくまで
10時までに運転手がきてくれなかったらの話で
ミニバスあるのにわざわざ歩くこたあねーかと思って
僕はミニバスに乗った。







ミニバスは15分ほどで余裕で僕をオフリドまで運んでくれた。
料金はなぜか学生が払ってくれた。




もし歩いてオフリドまで行ったら超大変だったと思うし、
僕の決心は一瞬で後悔に変わってそうな気がしたけど
困る前に助かってしまった。




きっとまた目には見えない力が僕を助けてくれたんだろう

と、僕は思う




それはそれで有り難い。



未知の領域に踏み込んでいくのはまた次の機会だね。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

高校の社会の授業で当時のコソボについて習ったわ!

内戦がひどくて宗教だか民族だかで紛争おきて大変なことになってたよ!今はどうなってるかわかんないけどね。
main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。