スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メデジンへ

20111229







6日の贅沢な航海も終わり僕らはカプルガナっていう小さな港町に到着。





僕はこの辺に着くと思っとったんやけど、

到着



着いたのはこの辺だった。

出発





それでも53ヶ国目のコロンビアに入国。

IMG_8951.jpg

IMG_8953.jpg









僕としては早くメデジンに行きたかったので
イミグレで入国スタンプをもらったあとすぐにでも移動したかったんやけど、


内陸の方に向かう船は早朝の便だけらしくここに1泊しなければいけななかった。










ここはアフリカか!?と思ってしまうほど町は黒人ばっかだった。
小さな町で何もやることがなく昼間からみんなで飲んで過ごした。














翌日の早朝、2人のカナディアンと共にスピードボートでトゥルボに向かった。

IMG_8962.jpg

IMG_8963.jpg

ジェットコースターの乗り始めの上まで行く時みたいに斜めに傾いたまま
ボートは走り始めた。

IMG_8964.jpg



デカいモーターが2個ついていてさすがスピードボートと
呼ばれるだけのことはあるくらいのスピードが出ていた。





マトリフ師匠がポップたちが乗った小舟を魔力で飛ばした時みたいに
水面よりも上を進んでんじゃねーかってくらい、

海の上を走ってるとは思えないほど、振動や揺れもなく滑らかに進んでいった。






ヨットで移動した時に1日だけ船酔いになって吐きまくったことがあったので
船に乗るのに若干不安はあったけど、今回のスピードボートは全然快適で大丈夫だった。




でも中には酔っちゃった人もいて海に向かって吐いてたんやけど、
風に乗って戻ってきちゃって後ろの席の美人な白人におもっきしかかってて
美人な白人ガン切れしてた。














10時に着くというので事前に

[11:00 トゥルボ発 メデジン行き]


のバスを予約してたんだけど10時半になっても着かなくて少し焦った。





こんな時いくら心配しても早く着いてくれって祈っても
船の着く時間は変わらないのに、


仮に間に合わなかったとしてももっかいチケット取ればいいだけの話なのに、




心配症の僕はもう居ても立ってもいられないくらい不安になっちゃうんだよね。







10時40分頃到着して慌ててバスターミナルを探してオフィスに行き、
カプルガナの旅行代理店で発行してもらった11時発と書かれたチケットを見せたんやけど、



別にバスは満席な様子でもなかったけど、

なぜか乗せてもらえなくて12時発のバスでメデジンに行くことになった。














南米のバス移動はきついと聞いていたけど、
バスは新しくて冷房も聞いていたし、背もたれも倒すことができてなかなか快適だった。



バスに乗ってすぐ眠りに着いた。






ふと目を覚ますと近くに一人の黒人の女の子がこっちを見ていた。

で、他にも席はけっこう空いてたのになぜか僕の隣に座ってきて
なおも僕の方をジッと見てくるので仕方なくIGスマイルしたら





超シカトされた。





そんで僕の方を見てフンと鼻で笑ってなかなか感じが悪かった。





なんじゃコイツと思って僕も気にしないようにしたら
誰かと電話し始めてそんでいきなりケータイを渡してきて「話せ」と言われた。



スペイン語話せないと答えたらまた笑われた。
その子は電話をきって今度はケータイのカメラで僕を撮り始めた。


ただ単にアジア人が珍しいだけのようだった。




向こうは何かと話しかけてきたけど、

グアテマラのスペイン語学校で先生とはかなり意思疎通がとれるようになっていたので
自分はけっこうスペイン語話せるとは思ってたんやけど、


何言っとるか全然理解できんくて会話はあっけなく終了した。
















バスは途中何度も止まった。


道が悪かったのか土砂崩れだったのかバスの調子が良くなかったのか
理由は分からんけど、とにかくよく停止した。


30分停止して10分進んでまた停止して、
みたいな感じでなかなか進めなかった。



これが南米バスの洗礼なんかなって思った。













10時間の予定が14時間かかってメデジンに到着。



メデジンに着いたのが深夜だったのでタクシーを拾ったんやけど、
タクシーの運転手が全然目的の宿見つけれんくて



あっちこっち行ったり、いろんな人にで聞きまくって
やっとのことで目的の宿に着いたんやけど、



フルで泊めてもらえんかった。





で、

「予約とれんかったので別の宿を予約しておいたよ」





って予約をお願いしておいたタツさんから僕への書置きがあったのに
スタッフが忘れててそれを僕にくれんかったので


タクシーでまた宿探し。








で、深夜3時過ぎにようやく宿に到着できた。






そんな大した距離走ってないのにタクシーの運ちゃんめっちゃ料金請求してくるし、

なかなかタフな移動だった。







今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。
読んでくれたついでにクリックしてもらえると大変大変有難いです。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。