スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月27日その4



170バーツまで値切って乗ったタクシーは
後ろに4人乗ることになってちょっとぎゅうぎゅうだったけど
エアコンも効いていてなかなか快適だった


藍くんが前来たときは
道は舗装されておらず
ぼこぼこの道を4時間くらいかけて行ったらしいけど
今回はずーっと舗装されてて
そして道はほとんどまっずぐで信号もなく
交通量も割りと少なくて
4時間どころか2時間かからずしてシェムリアップに到着した




タクシーが降ろしてくれたところには
お決まりのようにトゥクトゥクが群っていた

藍が前来たときに泊まった宿はけっこういいトコだったらしく
そこに行こうとしていると
発音はイマイチだけどかなり上手な日本語を話す人相の悪い男が現れて

「宿探してますか?ラブリー?そこはもう潰れましたよ。安い宿アリマスヨ」

なんて事を言ってきた


なんじゃそりゃー。本とかで読むボってくるトゥクトゥクの典型的な
例やないかよー
そしてこのカオー


1127d.jpg





人を見かけで判断してはいけないと言うけれども
これは怪しすぎるだろうって超警戒してた



ただ日本語ができる分いろいろと聞くことができた


パンフレットで部屋の写真を見せてもらうと
かなり新しめでめちゃめちゃきれいで、さらに広くてベッドもデカい。
インターネットとWIFIが無料でできる。
なのに3US$とかなり安くて
さらにさらにホテルまではタダで乗せてってくれるという

それめちゃめちゃいいやん!









って思ったけどその良さが逆に怪しくて何回も聞きなおした

でも何回聞いても条件は良く、しかも部屋を見て気に入らなければ
泊まらなくてもいいと言う

そこまで言うんだったらいっちょ行ってやろうじゃないかってなって
彼らのトゥクトゥクに乗せてもらい、宿に連れてってもらった


1127d-2.jpg





日本語は上手なのに全く愛想のない彼の名前はソフィアと言い
宿に着くまでの間
最近のカンボジア事情、カンボジアの歴史なんかを日本語で丁寧に説明してくれた


20分ほどトゥクトゥクに乗り連れてきてもらった宿は
写真の通りきれいで
ゲストハウスって書いてあるものの俺らからすれば完璧「ホテル」で
贅沢なくらいいい宿だった



1127-4.jpg




それぞれのフロアに

「ここで飲んでください!」




1127d-3.jpg






と言わんばかりの素敵なバルコニーがついていてそこには

「ここで寝て本読んだり昼寝でもしたら最高ですぞ!」





1127d-4.jpg






と言わんかりばのハンモックもついていてとっても
素敵なところだった







宿をここに決めると
ソフィアは明日からのプランだったり
周辺の情報なんかを丁寧に教えてくれた

人相が悪くて無愛想ですごい感じの悪い人かと
思ったけど
話してみると仕事真面目で親切でちょっとかわいかったりもして
とってもいい男だった


人は見かけで判断しちゃダメだね












コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。