スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べンミリヤとタプロム






遺跡めぐり2日目の今日は
宿からトゥクトゥクで1時間半の距離にある
ベンミリアに向かった




1129a.jpg





俺たちが泊まっている宿の辺りはホテルもお店も屋台も
たくさんあって普通に街なんやけど

ベンミリヤに向かって走りだすと
途中からど田舎になってほんとになにもなくなった


家もぽつりぽつりと建ってるけど
それは町というよりも集落って感じだった

家はワラみたいなのと木で作ったかんたんな家だったり
庭にハンモックがかかっていてそこで昼寝をしてる人がいたり
子どもが牛車に乗ってたり、真っ茶な川で遊んでたりしてて
そこはホントにうるるんで見るような光景で外国にいるのに外国に来た気分だった





1129c.jpg


1129d.jpg


1129e.jpg






ふいに何かが手に飛んできてびっくりしてたら
運転手のソフィアが
「それはウシのウンコです」
と、自分にもついてるのにお客にウシのウンコが飛んできたのに大笑いしてた

ソフィアはウシのウンコは臭くないから大丈夫ですって
言ったけどそういう問題じゃあなかった


そんな感じで田舎道をベンミリヤに向かって走った




1129b.jpg







ベンミリヤに着くとガイドさんが無料で案内してくれた
まぁ入り口で5ドル払っとるし
ガイドさんぐらいついてもいいかもなぁ
なんて思いながら中に入っていった


っていうか入り口から
こんなトコ入っていくの?
ってとこに入っていった


1129g.jpg




ベンミリヤは外から見た感じはそんなでもないけど
中はいろいろと崩れ去っててけっこう崩壊してた



1129f.jpg






普通だったら「危ないのでここから先は行かないでください」
みたいな感じで立ち入り禁止になってそうな




1129h.jpg




道なき瓦礫の上を歩いていった



1129i.jpg




それはもう観光というよりも
探検してるような感じだったし
ルートも迷路チックになっていて
こりゃあガイドさん付けないと
観光客だけじゃまわれんわなぁって思った



なんか宮崎駿が「天空の城ラピュタ」を書くときに
参考にしたとかしてないとかっていう話を聞いたけど

ここはまわりが木に覆われてて
遺跡の中ににも木が侵食してて
確かにちょっとラピュタっぽくて神秘的だった




1129k.jpg




遺跡内を見終わったあと外周もまわったけど
林の中にあるような感じでとっても落ち着く感じがした

歩いていると近くで遊んでいた子どもたちがやってきて
案内してくれた


みんな悪いことなんて知らないような素朴な目をしてて
とってもかわいかった


日本にいるときからかわいいお姉さんには
目がないんやけど
海外に出てもそれは変わらんのやけど
海外に出てから子どもにも目がいくようになった気がする

欧米人の子どもとか見とってすごいかわいいなって思っとったんやけど
アジアの子どもたちもとってもかわいい


特にカンボジアでは子どもをみる機会が多く
いつも子どものかわいい笑顔に癒されてる気がする

1129j.jpg






rori.jpg










別にロリコンとかじゃないっすよ!!




外周を終えて入り口に戻ってくると
ガイドさんたちがお昼ご飯を食べていた

木陰にみんなでかたまって座って
ご飯をかこんでる光景だけでも
こういうのいいなぁって思うのに
俺たちが近くにいくと
食べるかって言って自分たちのご飯をくれようとするんやもん

心温まるよ

バンコク・カオサンで出会った外国人は
日本は物価が高いし狭いし
英語は通じないしみんなせかせかしてるし
ものを訊ねてもシカトするし
全然フレンドリーじゃないから
嫌いだって言ってた


俺はその時そんな人たちもいるけど
悪い人ばっかでもないですよって思ったけど

果たしてこのガイドさんのような立場にたったとき
同じように
外国人に声をかけ自分たちの食事を分け与えることが
できるだろうかって思った




2個目の観光場所はタプロムというところだった

雰囲気的にはベンミリヤに似ていたんだけど

木の侵食具合がハンパなかった

よくもまあ遺跡の中にこんなに生えれたもんだなぁって感じの木が
遺跡内にたくさん生えていた

しかもかなりでっかくて齢とってるだろこいつって木があってびっくりした


っていうかこの木なんてどっから根で幹で枝なのかわからんし

空中から下に向かって根が生えていかなきゃこんなふうにはならんくね?

木のでかさ、遺跡への侵食具合もすごかったけど
その不思議具合もすごかった


みんなその神秘さを求めてやってくるんだろうか?

1129l.jpg



1129m.jpg



コメントの投稿

非公開コメント

Re: 目童さん

目童さんもベンメリアに行かれたんですね。
思った以上に廃墟で思った以上に森と一体化してて
思った以上に神秘的でよかったです。
僕の中ではけっこう好きなところです。

子ども達、みんなステキな目をしていました。

No title

あぁ!ベンメリアも行ったんだー!
なつかしいです。
もともとアンコールワットも、ここみたいに廃墟だったって聞きました。
ドクロが描かれた赤い看板も近くにあったりして、
未開の森の遺跡を体験できる場所ですよねー。
こども達の写真、すてきです。
main_line
main_line
Profile
    人生を賭けて飛び出した海の向こうで

    何を見て、
    何を感じ、
    何を考え、
    何を得るのだろう?

    タフな旅に憧れながらも小綺麗に魅せたい、
    シャイでネガティブ思考な男

    早川愛二の世界一周ブログ
SHOGO・LANの日記
共に旅立った同志達のブログ

salig

SHOGO
http://salshogo.blog37.fc2.com/

LAN
http://sallan.blog10.fc2.com/

最新記事
カテゴリ

 → check my all posts!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
SAL HP
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。